社会資本総合整備計画の公表

更新日:2017年03月30日

社会資本総合整備計画の公表

大規模盛土造成地の変動予測調査等を実施することにより、大地震時に滑動崩落する可能性のある大規模盛土造成地を把握し、その結果を市民に公表して防災意識の向上を図っていきます。また、必要に応じて宅地造成等規制法に基づく勧告等を行うことで、宅地所有者等に滑動崩落防止工事を促し、宅地の耐震化を図るため、広島県と連携し、宅地耐震化事業を実施していきます。これに伴い、「社会資本整備総合交付金交付要綱」に基づき、作成した社会資本総合整備計画を公表します。

計画期間

平成29年度~平成31年度

防災・安全事業について

平成24年度から創設された社会資本整備総合交付金の基幹事業の一つです。地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策及び事前防災・減災対策の取組み等を行います。

公表資料

この記事に関するお問い合わせ先
都市部 開発指導課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館7階
電話:082-420-0959
ファックス:082-426-3014
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。