被災した住まい等に関する相談窓口の設置について

1 内容

平成30年7月豪雨により、被災した住宅等に関する相談に幅広く対応するためと建築関係団体(主に公益社団法人 広島県建築士会(東広島支部))と市が連携して、次のとおり相談窓口を設置します。

2 目的

被災した住宅の復旧・再建(新築・補修・修理)などについて、建築知識が少ない被災された方が抱く不安に対して、専門的な見地からアドバイスを行い、被災された方の判断の一助とするものです。

3 相談受付

窓口において、被災された方の相談に対応するとともに、希望されれば必要に応じて、被災した建築物の現地調査を行います。

受付場所:市役所本庁舎 7階 (建築指導課内)

受付期間:平成30年7月23日より概ね1か月(状況に応じて延長します。)

受付時間:9時から17時まで

窓口体制:公益社団法人 広島県建築士会(東広島支部)

               東広島市 建築指導課職員

4 連絡先

東広島市 都市部 建築指導課

電話:082-420-0956

ファックス:082-421-7220

この記事に関するお問い合わせ先
都市部 建築指導課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館7階
電話:082-420-0956
ファックス:082-421-7220
メールでのお問い合わせ