令和2年豪雨災害についての市長からのメッセージ

更新日:2020年07月15日

東広島市河内町におけるがけ崩れについて

  このたびの7月6日から続く梅雨前線に伴う災害対応は、緊張感をもって早めの対応とWithコロナ期の避難の対応について、市民の皆様への注意喚起を図ってまいりましたが、河内町宇山で、お二人の方が自宅とともに崖崩れに巻き込まれるという被害が発生しました。
  連絡をうけた消防局がすぐさま現地に赴き、県警や地域の方、重機を持っておられる民間事業者のご協力をいただきながら、2次災害の発生にも留意しつつ救助活動を行いましたが、残念ながらお二人ともお亡くなりになってしまいました。
  亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、宇山地区の避難勧告の発令が遅れたことを心からお詫び申し上げます。
  今後、今回の課題を検証し、再び災害死を発生させることのないよう、広島県や気象台などの関係機関との連携をより一層密にするとともに、早期の避難情報の発令に努めて参ります。

令和2年7月14日

東広島市長  高垣 広徳

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。