CONTACT

click

移住に関するご質問・お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせメールフォーム

電話でのお問い合わせ

082-437-3021

東広島定住サポートセンター

月曜日~金曜日(12月28日~1月3日、祝日は除く)

8時30分~17時15分

東広島の子育て・教育

高い教育力

東広島市は「日本一の教育都市」実現へ向けて、和文化教育をはじめ、
教育力を高めるため、さまざまな取り組みを行っています。

「日本一の教育都市」東広島の実現へ

学力調査ではほとんどの教科で全国平均以上

「日本一の教育都市」の実現へ向けて、和文化教育をはじめ、さまざまな取り組みを行っている東広島市。全国学力・学習状況調査では、ほとんどの教科で全国平均以上となりました。また、学校では特別な支援が必要な児童生徒に対する個別の指導計画等の策定や、発達障害の理解を深める研修・訪問指導も充実しています。

(1)調査期日 平成31年4月18日(木)

(2)調査対象 国・公・私立学校の以下の学年の原則として全児童生徒を対象とする。

  • ①小学校調査 小学校第6学年、特別支援学校小学部第6学年
  • ②中学校調査 中学校第3学年、中等教育学校第3学年、特別支援学校中学部第3学年

(3)調査内容 【小学校】

  • ①国語、算数における前学年までの学習内容(原則)の定着状況調査
  • ②学習意欲、学習方法、学習環境、生活の諸側面等に関する児童質問紙調査
  • ③指導方法や人的・物的な教育条件の整備の状況等に関する学校質問紙調査

【中学校】

  • ①国語、数学及び英語における前学年までの学習内容(原則)の定着状況調査
  • ②学習意欲、学習方法学習環境、生活の諸側面等に関する生徒質問紙調査
  • ③指導方法や人的・物的な教育条件の整備の状況等に関する学校質問紙調査

学力が高い理由はしっかりとした生活習慣

「毎日朝食を食べている」「家で学校の宿題をしている」と答えた児童生徒が90%以上という学校もあるなど、しっかりとした生活習慣が基礎となり高い水準の学力が定着している姿が数値として表れています。 東広島市では、夢と志を育む教育をさらに充実させ、一人一人の課題や目標に応じた、きめ細かい指導を進めていきます。

和文化を通して礼節を学ぶ

市内すべての市立幼稚園、小・中学校で行われている「一校一和文化学習」

日本の伝統や文化のもつ素晴らしさにふれ、これを継承し、郷土に誇りをもつことをねらいとして、平成20年から実施しています。

西条小学校 オペラ「白壁の街」

1981年西条小学校の教員によって創作されたオペラ「白壁の街」。酒都西条の伝統的な酒造りを、歌や合奏、太鼓、踊り、せりふなどで表現したもので、同小の6年生が演じ続けています。
小学校入学時から徐々に酒造りについて学び、6年生でオーディションに臨みます。役が決まった6月からは休憩時間を使い自主練習がスタート。オペラ「白壁の街」を演じることで、大人になっても郷土愛や愛校心など、共通の思い出が語り合える素晴らしい体験となっています。

八本松中学校 食育を通して「和風出汁」

八本松中学校では、日本の食文化について学んでいます。2年生の授業では、料理のプロを講師に迎え、昆布とかつお節を使った「一番だし」をつくる実演を見学。また、野菜の飾り切りの実演からは、食べる人のことを思ってあしらうおもてなしの心を学びます。グローバル社会を生きる生徒を育てるためにも、日本の食文化を知ることが大切だと考え、生き方への学びや心の成長にもつなげています。

これまでの実施内容

  • 昔遊び
  • 凧づくり
  • 尺八演奏
  • 俳句づくり
  • 生け花
  • 箏の演奏
  • 和太鼓演奏
  • 茶道 など

※一校一和文化は学校や年度ごとに異なります
一校一和文化学習について詳細はこちら

当たり前のことができるように「東広島スタンダード」

地域をあげて実施していく基本的生活習慣やマナーの定着

「東広島スタンダード」は、基本的生活習慣やマナーの定着を目指し、思いやりや自らを律する心を育て、社会のルールを守ろうとする規範意識の醸成につなげようと、分かりやすく具体的な行動規範として示されたものです。
「出会った人に気持ちのよいあいさつができる」「名前を呼ばれたら気持ちのよい返事ができる」「相手と場に応じた言葉づかいができる」「履き物をそろえる」の4項目からなり、東広島市内の市立幼稚園と小中学校が、それぞれ独自の取り組みを行っています。