ひきこもりの家族のつどい「おひさまの会」

更新日:2020年12月18日

ひきこもりとは、さまざまな要因により就学や就労などの社会的参加を避け、家族以外との親密な対人関係がなく、自宅にとどまっている状態が6か月以上続いていることをいいます。

県西部東保健所では、引きこもりの人の家族を対象に、思いや悩みを話せる場として、家族のつどい「おひさまの会」を行っています。同じ悩みを抱える家族同士で語り合い、対応方法のヒントを見つけませんか。

日時

1月12日(火曜日)13時30分~15時30分

場所

県東広島庁舎

内容

ひきこもりの人の家族が、共に悩みを話し、対応方法のヒントを見つけ合うグループミーティング

対象者

ひきこもりの人の家族
※要予約

予約・問い合わせ先

県西部東保健所保健課

電話番号:(082)422-6911(代表)

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0936
ファックス:082-422‐2416
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
心の病気,物忘れ,引きこもり,悩み,精神,相談,ひきこもり