子宮頸がん予防ワクチンについて

更新日:2020年10月16日

接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

子宮頸がんワクチン接種は、平成25年4月1日より予防接種法に基づき定期予防接種として実施してますが、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が接種後に特異的に見られたことから、同年6月から、同副反応の発生頻度等がより明らかになるまでの間、接種の積極的な勧奨をしないこととなりました。

なお、定期予防接種を中止するものではないので、対象者のうち希望される方は定期予防接種として受けることが可能です。

接種を希望される方は、下記リーフレットをご参照され、ワクチンの有効性及び安全性等について十分に理解した上で受けるようにしてください。  

子宮頸がんワクチン接種方法

子宮頸がんワクチンの対象者は、小学6年生から高校1年生の女子です。

1 医療機関に予約をする

接種できる医療機関は、下記「定期予防接種実施医療機関一覧」からご確認ください。

2 医療機関で、同じ種類のワクチンを3回接種する

子宮頸がんワクチンは2種類あり、いずれも筋肉注射です。

3回接種するには6か月かかります。

ワクチンの種類と回数・間隔

ワクチンの種類

回数 標準的な接種間隔
サーバリックス(2価) 3回

2回目:1回目接種から1か月後

3回目:1回目接種から6カ月後

ガーダシル(4価) 3回

2回目:1回目接種から2か月後

3回目:1回目接種から6か月後

3 持っていくもの

・母子健康手帳

・予診票(市こども家庭課と各支所、医療機関にあります)

この記事に関するお問い合わせ先
こども未来部 こども家庭課 母子保健係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0407
ファックス:082-424-1678
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
子宮頸がん、子宮頸がん予防、子宮頸がん予防ワクチン、パピローマ