新型コロナウイルスワクチン接種Q&A

更新日:2021年07月30日

予約について

Q いつから予約ができますか。

本市では、既に対象者全員に接種券を発送しています。そのうえで、ワクチンの供給量を踏まえ、年齢別・段階的に予約をしていただくことになります。

ご自身の接種時期がきましたら、再度市から郵送等でご案内をいたしますので、それまでお待ちください。

なお、国が設置する大規模接種会場や、職場・大学等での接種は、異なるスケジュールになる場合があります。

Q 高齢者への接種にあたり、家族の同意が必要ですか。

接種は、本人の同意により行われます。意思確認が困難な高齢者についても、家族や嘱託医等の協力を得ながら意思確認を行い、接種の意思を確認できた場合に接種を行います。(厚生労働省Q&Aより)

Q 満12歳~15歳の接種にあたり、保護者の同意が必要ですか。

満12歳~15歳の方については、接種にあたり保護者の同意が必要です。予診票に保護者の署名がなければ、予防接種は受けられません。

なお、満12歳~15歳の接種に関して、本市では以下の考え方により接種を進めてまいりますので、ご確認ください。

子どもへのワクチン接種について(PDFファイル:246.2KB)

個別接種(医療機関)について

Q 予約方法はどのようになりますか。

一般接種(65歳未満で優先接種対象でない方)の予約については、個別接種と集団接種の予約管理を一体化できる、市共通の予約システムを利用することとしております(市予約システムによらず、従来通り個別に予約を受け付ける医療機関もあります)。

問い合わせ先や予約方法等については、市から別途郵送するチラシ等でご案内いたしますので、ご自身の接種時期が来るまでお待ちください。

集団接種会場について

Q 予約方法はどのようになりますか。

予約サイトまたは電話で予約ができます。
予約サイトのURL:https://vaccines.sciseed.jp/higashihiroshimacovid19
予約センターの電話番号:0120-022-894
※8:30~20:00(土日祝日も実施)
※7か国語対応
(日本語・英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ポルトガル語・スペイン語)

Q 市役所窓口でも予約ができますか。

予約枠に空きがある場合、市役所窓口(コロナ対策室)で予約支援を行います。予約を希望される場合は、接種券をお持ちください。

※予約支援ができるのは、ご自身の接種時期が来られた方のみです。

Q 集団接種会場の駐車場はありますか。

集団接種会場には無料駐車場がございます。予約時間ごとに入れ替わっていただきますので、接種が終わったのち大幅に時間を超えての駐車はご遠慮ください。なお、市役所会場では、お帰りの際、駐車券に無料清算処理を行ってください。

【安芸津会場について】

Q 安芸津町内かかりつけ患者のための接種会場となっているが、そうでない者は予約できないのですか。

他の医療機関や市役所会場の利用にご協力ください。

Q なぜ対象を絞っているのですか。

安芸津町内に申し込み可能な医療機関がないことから、その代替として設けています。したがって、日ごろから風邪などの際に、町内医療機関にかかっている方を対象とさせていただきました。

Q 安芸津会場では16歳未満の人は接種できますか。

本市では、16歳未満の方は集団接種を利用できません。対象医療機関は、こちらからご確認ください。

接種について

Q 予診票の右上にある「クーポン貼付」には、何を貼ればいいのですか。

予診票は、太枠内の必要事項をご記入いただき、右上には何も貼り付けずに会場までお持ちください。

Q 接種費用はかかりますか。(自己負担はありますか)

全額国費で接種を行い、自己負担は発生しません。ただし、接種前後の個別事情による診療や、予約のための電話やネット等の通信費、会場までの交通費等は自己負担が生じる可能性があります。

Q 何回接種を受けるのですか。

ファイザー製、モデルナ製いずれも2回接種が必要になります。

Q ワクチンは必ず接種しなくてはならないのですか。

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、努力義務とされています。 ワクチンの接種にあたっては、本人又は保護者の同意に基づき接種が行われるものであり、同意されない方に対して接種が行われることはありません。

Q ワクチン接種に関する相談窓口はありますか。

コールセンターを開設し、お問合せにお応えしています。
・ワクチン接種の施策に関すること
   厚生労働省コールセンター
    0120-761-770   (9:00~21:00)  土日祝も対応
・一般相談、医学的知見が必要となる専門的な相談
   広島県コールセンター 
    082-513-2847   (24時間対応)
・接種の予約、接種券に関すること 
   東広島市コールセンター 
 0120-022-894    (8:30~20:00)  土日祝も対応
  (外国語対応あり)英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ポルトガル語・スペイン語

※耳の不自由な方のお問合せ用
   ファックス:050-3819-8287

Q ワクチンを接種するか悩んでいます。

ワクチン接種は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らすことを目的にしています。
厚生労働省のホームページなどでワクチンについての情報をご確認いただき、正しく知ったうえで、ワクチン接種を受けるかどうかお決めください。
国等から発信される副反応についての情報は、随時ご確認ください。
基礎疾患治療中の方や妊婦の方などは、事前にかかりつけ医にご相談のうえ、ワクチン接種を受けるかどうかお決めください。
ワクチン接種を受けることをお決めになったうえで、ご予約くださいますようお願いいたします。

Q 色々と書類が届いたが、接種当日は、 何を持参すればいいですか。

1.接種券
2.予診票
3.本人確認書類    
(健康保険証や免許証、年金手帳、マイナンバーカード、身体障害者手帳、
 パスポート、在留カード等)
 4.お薬手帳(お薬を飲まれている方のみ) をお持ちください。

Q 東広島市外でワクチン接種を受けることができますか。

入院・入所している人、単身赴任者、遠隔地へ下宿している学生等、やむを得ない事情がある場合、住民票所在地以外でワクチン接種を受けることができます。
手続き方法については、接種場所の自治体にお問合せください。

Q 東広島市の住民票を持っていないが、市内で居住しています。東広島市でワクチン接種を受けることができますか。

やむを得ない事情により住所地外でワクチンを接種する場合には、接種券に加え接種を希望する自治体が発行する「住所地外接種届出済証」の持参をしていただくことで接種が可能です。
申請は、コロナワクチンナビまたは東広島市コールセンターで受付しております。 なお、入院・入所中の方や、かかりつけの医療機関が住所地外の方等、申請がいらない場合もありますので詳しくはコールセンターにてお問合せ下さい。

Q 1回目の接種済証を紛失した場合、2回目の予約はできますか。

2回目の接種予定日までに再発行手続きをしていただくようお願いいたします。
現在、再発行の受け付けは市役所窓口・コールセンター(0120-022-894)にて手続きをお願いいたします。

Q 外国人も接種の対象になりますか。

留学生や技能実習生等、居住の実態のある海外の方は対象となります。短期滞在者や旅行者は対象となりません。

Q ワクチンを打った後にやってはいけないことはありますか。

通常の生活は問題ありませんが、激しい運動や飲酒等は避けてください。 また、入浴の際は、接種部位をこすらないように気を付けてください。

Q 接種した後、体調が悪くなったらどこに相談したらよいですか。また、副反応はどのような症状がでるのですか。

主な副反応は、接種した部位の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、悪寒、発熱等があります。
また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。
なお、本ワクチンは新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。
接種後に気になる症状を認めた場合は、個別接種の場合は接種を受けた医療機関、集団接種の場合は、広島県コールセンター(082-513-2847)へご相談ください。

Q 基礎疾患があるが、ワクチン接種は受けてもいいのですか。

基礎疾患を有する方のワクチン接種については、接種の有益性が潜在的リスクを上回るかを勘案してご判断いただくことなります。事前にかかりつけ医や広島県コールセンター(082-513-2847)にご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

新型コロナウイルス対策室
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館4階
電話:082-420-0935
ファックス:082-426-3128
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
コロナ,コロナウイルス,ワクチン,感染症,QA