【R4.1.9-R4.1.31】「まん延防止等重点措置」の適用に伴う新型コロナ感染拡大防止のための集中対策

更新日:2022年01月08日

広島県においては、感染力の強いオミクロン株の市中感染の確認と年末年始に伴う人の移動の活性化が重なり、これまでにない極めて速いスピードで感染者数が増加しており、令和4年1月9日(日曜日)から1月31日(月曜日)まで、「まん延防止等重点措置」が適応されることが決定しました。

このため、広島県では特に感染の地域的な抑え込み、全県への拡大防止のため広島県知事が協力要請を行う重点措置区域として東広島市も対象となりました。

【措置期間】令和4年1月9日から1月31日まで

改めて、こまめなうがい・手洗いや定期的な換気など、基本的な感染防止対策を意識的に行ってください。また、日常生活に必要な買い物などを含めて外出機会を半分に削減するなどのご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関する市長からのメッセージ

本市の新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症の東広島市内発生状況

東広島市内における感染者の発生状況は下記ページに記載しています。

新型コロナウイルス感染症の東広島市内発生について

新型コロナウイルスに感染した方や感染症の治療にあたった医療従事者等及びその家族等に対する不当な偏見、差別、いじめ等の権侵害は絶対に許されません。

市民の皆様には、公的機関が発信する正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

皆様への要請

  1. 外出の削減
    日常生活上必要な買い物などを含めて外出機会と時間を合わせて半分に削減してください。特に20時以降の外出はさらに削減してください。
    (通学や通勤、医療機関の受診まで制限するものではありません。)

  2. 飲食店などの利用と感染予防
    同居する家族以外での会食は出来る限り控えてください。
    会食を行う場合には飛沫感染予防や手指の消毒及び喚起を徹底してください。
    飲食店等が行う感染予防対策に協力をお願いします。

  3. 他地域への移動の自粛
    緊急事態措置又はまん延防止等重点措置が実施されている地域との往来は、
    最大限自粛してください。
    県内での移動についても、重点措置区域との往来は最大限自粛してください。(通学や医療機関の受診まで制限するものではありません。)

本市の個人向けの支援については、下記ページでご確認ください。

東広島市の個人向けの支援について(貸付金・助成・給付や、申請・支払の猶予など)

事業者への要請

広島県では「まん延防止等重点措置」の適用に伴う新型コロナ感染拡大防止のための集中対策が実施されています。

飲食店等への要請

営業時間の短縮及び酒類の提供なし等が要請されています。

詳細は、次のページでご確認ください。

広島県感染症拡大防止協力支援金(令和3年度第7期)について(外部リンク)

大規模施設等への要請

『(建築物の床面積の合計が)1,000平方メートルを超える大規模な集客施設に対して、入場者が密集しないよう整理・誘導する等の措置に加え、施設の入場者の人数管理・人数制限等の措置の双方が要請されています。

また、今回の要請にともなう協力金の支給はありません。

公共施設の使用制限・イベントの延期等について

広島県の「まん延防止等重点措置」の適用に伴う新型コロナ感染防止のための集中対策において、イベント等の開催要件が示されました。

本市イベントの開催方針についても集中対策期間中はこれに即した方針としています。

公共施設の使用制限について

中止または延期が決定したイベント等

この記事に関するお問い合わせ先

新型コロナウイルス対策室
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館4階
電話:082-420-0935
ファックス:082-426-3128
メールでのお問い合わせ