【家きん飼養者の皆様へ】鳥インフルエンザの発生対策について

更新日:2020年02月07日

鳥インフルエンザウイルスの侵入を防ぎましょう

鳥インフルエンザウイルスは、渡り鳥などの野鳥や野生動物によって運ばれます。

ニワトリなどの家きんを飼養している方は次のような対策を行い、ウイルスの侵入を防ぎましょう。

≪対策例≫

(1) 飼育施設の屋根や壁面などの破損箇所を修繕し、防鳥ネットなどで覆う。

(2) 餌箱は施設内に置き、散乱した餌は清掃する。

(3) 施設の周囲を消石灰などで消毒する。

家きんの異常を発見したら

死亡羽数の増加や産卵率の低下、元気の消失等、家きんに異常が見られた場合は、速やかに畜産事務所に連絡してください。

広島県西部畜産事務所 電話:(082)423-2441

広島県西部畜産事務所広報

鳥インフルエンザに関する情報(外部リンク)

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 農林水産課 農水産ブランド振興係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0939
ファックス:082-422-5144
メールでのお問い合わせ

防疫