納税義務者が亡くなったとき(市・県民税)

更新日:2019年10月24日

市・県民税の納税義務者が亡くなられた場合、被相続人(亡くなられた方)にかかる賦課徴収および還付に関する書類を受領する代表者(相続人代表者)を届け出ていただきます。

相続人代表者を指定または変更される場合は、記載例に沿って相続人代表者指定(変更)届に必要事項を記入・押印のうえ、ご提出ください。

1.提出方法

・窓口に持参
  市民税課(本館5階)
  各支所
  各出張所

・郵送
  下記の問い合わせ先に送付ください。

2.受付時間(窓口に来られる場合)

8時30分から17時15分まで
(土曜日、日曜日、祝日、12月29日から1月3日までは休み)

3.持参する物

  • 印鑑
  • 法定相続人以外の方が相続される場合は「遺言公正証書」等どなたが相続されるかが確認できる書類

4.注意事項

  • この指定届は東広島市のほかの税目(軽自動車税・固定資産税)にも準用しますので、ほかの税目において相続人代表者が異なる場合は、その旨を空欄に記載してください。
  • 代表者以外の相続人についても、届の「相続人等」の欄へ、氏名・続柄等の記入をお願いします。
  • この届出により相続人代表者に納税通知書等を送付しますが、税務署(相続税)、法務局(相続登記)とは無関係です。
  • ご逝去された方が口座振替を利用していた場合は、口座の振替を停止します。
  • 国民健康保険税については、国保年金課のページをご確認ください。

5.ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
財務部 市民税課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
電話:082-420-0910
ファックス:082-422-6810
メールでのお問い合わせ