令和2年度トピックス

更新日:2020年05月28日

「学校の新しい生活様式」のために

6月1日からの学校再開では,「学校の新しい生活様式」により教育活動を実施していきます。そのために行っている校内の環境整備について,前回に引き続きお伝えします。

図書室の利用時「密」な状況を作らないために,出入口を改善しました。

 

児童が通る階段の踊り場に,大きなポスター等を掲示して「手洗い」や「密をさける」啓発を行っています。

校舎回りの草刈りも職員が頑張っています。

1学級の児童数が多い3年生には,給食専用教室を作りました。給食時間の密な状況をできるだけ作らないようにするために,4つの教室に分かれて食べます。

校庭にある学校教育目標の看板を,職員作業で新しく設置しました。看板は,山西CS推進員,文字は,書写の藤田先生,設置は,主幹教諭の長沖先生です。

 

八太とわにさんとこぴぃ君が,みんなが来るのを待っていました。

環境の整備

学校再開に向けて,職員で学校内の環境整備を進めています。

密集・密接することのないように,廊下の右側歩行を徹底するため床に矢印テープを貼ったり,手洗い場に列を作って待ちやすい枠を作ったり,工夫を凝らしています。

 

教室内の机と机の間のスペースを確保して,教師用机などを外に出したクラスや,「かんたんそうじ」をしているクラスもありました。

 

児童配付用のマスクを職員で作っています。

心のつながり

分散登校中は,同じクラスの友達と会えない状況が続きます。そこで,児童同士の心のつながりをもたせるために,翌日来るグループの友達へのメッセージカードを書いているクラスがありました。翌日来た児童はそのメッセージを見て,返事を書いています。このような工夫をしながら進めていきます。

分散登校の様子

5月18日(月)より分散登校を開始しました。校区を3つのグループに分けて,地域ごとに登校します。

学校には,久しぶりに子供達の元気な姿が戻りました。

教室内は少人数でも密集を避けて席に着き,いつもと違う雰囲気の生活になりました。

 

休憩時間の運動場も分散していました。                 6年生は「いにしえの響」の練習をしました。

 

一斉下校前の集合時はこのような様子でした。

この記事に関するお問い合わせ先
八本松小学校
〒739-0151
東広島市八本松町原10128番地137
電話:082-428-3564
ファックス:082-428-1451
メールでのお問い合わせ