受動喫煙防止のための市の施設の対応について

更新日:2020年02月21日

平成30年7月25日に改正健康増進法が公布され、望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の者が利用する施設等の区分に応じ、当該施設等の一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、当該施設等の管理について権原を有する者が講ずべき措置等について定められました。

この法改正を受け、令和2年4月1日より、建物内は原則禁煙となります。

これにあわせて、次の市の施設については、屋外も禁煙とし、敷地内完全禁煙とします。

禁煙となる施設
福祉施設 総合福祉センター 保健福祉センター 文化福祉センター 福祉会館
教育施設 図書館 生涯学習センター 創作村 人権センター 文化会館
街区公園等

西条中央公園 三ツ城公園 街区公園(住宅街にある公園) 地域公園 児童遊園

ほか 上記のほか、すでに敷地内禁煙としている施設

なお、電子たばこについては、ニコチンの有無にかかわらず法の規制対象外ですが、たばこを吸わない方にとって、見分けがつかず混乱を招くことから、市の施設敷地内では、一律紙巻きたばこ同様に受動喫煙防止対策の対象とします。

そのほかの施設について

庁舎については、令和元年7月1日より受動喫煙防止対策を実施済みです。詳しくはこちら

学校や児童福祉施設については、以前より敷地内禁煙です。

このほかの市の施設については、健康増進法が定める喫煙所の設置基準に準じることができる場合のみ、屋外に喫煙所を設定できることとしますが、施設の利用実態に応じて敷地内禁煙とする場合もあります。詳しくは各施設にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先
財務部 管財課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館6階
電話:082-420-0908
ファックス:082-422-6850
メールでのお問い合わせ
禁煙,喫煙,たばこ,タバコ,煙草,受動喫煙,健康増進法