豪雨災害で被災した被保険者に係る介護サービス利用料の取扱いについて

更新日:2019年06月27日

平成30年7月豪雨によって被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

平成30年7月豪雨で被災された方のうち、以下(1)(2)の両方に該当する利用者の方は、保険者(東広島市)が発行する減額・免除認定証(水色)を提示することで平成31年1月から令和元年6月(平成31年6月)利用分まで介護サービス利用料が免除されます。

(1)平成30年7月豪雨に係る災害救助法の適用市町村の介護保険の被保険者

(2)以下のいずれかに該当する方

              1.住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした旨

              2.主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った旨

              3.主たる生計維持者の行方が不明である旨

              4.主たる生計維持者が事業を廃止し、又は休止した旨

              5.主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨

つきましては、減額・免除認定証(水色)を交付しますので、以下の提出物を市役所(本館2階)介護保険課またはお近くの支所、出張所にご提出ください。(郵送でも可)

【提 出 物】

・介護保険利用者負担減免(変更)申請書

・上記1.に該当する方:り災証明書(コピー可)

・上記2.から5.までに該当する方: その事由に該当することがわかる書類(コピー可)

 

介護サービス事業所等への申し立て及び減額・免除認定証の提示で介護サービス利用料が免除される期間は、平成30年7月1日から令和元年(平成31年)6月30日です。

減額・免除認定証(水色)の交付は申請から2週間程度かかります。

お手元に届きましたらご利用の介護サービス事業所へご提示ください。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 介護保険課 介護給付係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0937
ファックス:082-422-6851
メールでのお問い合わせ