平成30年7月豪雨の被災者に係る介護サービスの利用料の還付等について

更新日:2019年02月18日

住家の全半壊等により、利用料の免除に該当する被災者が、介護サービス事業所に利用料免除の申立てをせず利用料を支払った場合、被保険者が東広島市に申請を行うことにより、支払った額の還付を受けることができます。

還付手続きに必要な書類は以下のとおりです。

1.介護保険 利用者負担額減額・免除認定証(水色)をお持ちの方

・介護保険利用料還付申請書

・介護サービス事業所等が発行した領収証等(受付印を押した後、コピーを取り原本はお返しします)

 

2.介護保険 利用者負担額減額・免除認定証(水色)をお持ちでない方

・介護保険利用料還付申請書

・介護サービス事業所等が発行した領収証等(受付印を押した後、コピーを取り原本はお返しします)

介護保険利用者負担額減免申請書と添付書類(※)

(※)添付書類:申請事由の確認書類(下記の1.~5.のうち、該当するもの)
1.住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした
   り災証明書

2.主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病(※)を負った
   死亡の場合:死亡診断書、警察の発行する死体検案書
   傷病の場合:医師の診断書(※1ケ月以上の治療を有すると認められるもの)

3.主たる生計維持者の行方が不明である
   警察に提出した行方不明の届出の写しなど

4.主たる生計維持者が事業を廃止し、又は休止した
   税務署に提出する廃業届、異動届の控えなど(公的に発行されるもので事実確認可能なもの)

5.主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨
   雇用保険の受給資格証、事業主などによる証明

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 介護保険課 介護給付係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0937
ファックス:082-422-6851
メールでのお問い合わせ