国民健康保険税の計算方法

更新日:2021年04月01日

令和3年度の国民健康保険税率・額

 令和3年度の国民健康保険税率・額は次のとおりです。

国民健康保険税率・額
  基礎分 後期高齢者 支援金等分 介護納付金分
所得割率 6.79% 2.51%

1.86%

均等割額(1人あたり)

27,950円

10,124円 9,522円
平等割額(1世帯あたり) 18,959円 6,868円 4,680円
限度額 630,000円 190,000円 170,000円

 

税額の算定方法

 課税額は、基礎分、後期高齢者支援金等分及び40歳以上65歳未満の加入者について課税する介護納付金分の合算額です。
 また、世帯の年間保険税額は、加入者全員の年間課税額の合計額です。
 ただし、それぞれ課税限度額を超える場合には、課税限度額を超えた部分は課税されません。
 このうち所得割額については、課税標準額{前年の総所得金額(山林所得金額などの分離課税所得も含む。ただし退職所得は除く)-43万円}に所得割率を乗じて算定します。

前年とは、国民健康保険税の対象年度の前年1月から12月までをさします。(令和3年度の場合は、令和2年1月から令和2年12月までです。)

算定された課税額から軽減が適用される場合があります。

あなたの1年間の保険税額は?

国民健康保険に加入した場合の保険税額の試算を希望される場合はお問い合わせください。ご自分で計算される場合は次の計算式と軽減・減免制度を参考にしてください。

所得割額・・・被保険者全員の前年の総所得により算定される金額
均等割額・・・世帯内の被保険者数に応じて算定される金額
平等割額・・・世帯ごとに一律して定額でかかる金額

基礎分
(被保険者全員)

所得割額

(被保険者の前年の総所得金額等(注釈)-基礎控除43万円)×0.0679=(1) 円

(例)給与収入400万円(給与所得266万円)の場合、(266万-43万)×0.0679=151,417円

また、2人以上に所得がある場合、各々の前年の総所得金額等から基礎控除を差し引きます。

均等割額

27,950円 × 加入者数( 人)=(2) 円

(例)国保加入者が3人の場合、27,950×3=83,850円

平等割額

18,959円 (1世帯につき) (3) 18,959 円

基礎分合計

(1)+(2)+(3) (限度額63万円) =(A) 円       (100円未満切り捨て)

後期高齢者支援金等分
(被保険者全員)

所得割額

(被保険者の前年の総所得金額等(注釈)-基礎控除43万円)×0.0251=(4) 円

(例)給与収入400万円(給与所得266万円)の場合、(266万-43万)×0.0251=55,973円

また、2人以上に所得がある場合、各々の前年の総所得金額等から基礎控除を差し引きます。

均等割額

10,124円 × 加入者数( 人)=(5) 円

(例)国保加入者が3人の場合、10,124×3=30,372円

平等割額

6,868円 (1世帯につき) (6) 6,868 円

後期高齢者支援金等分合計

(4)+(5)+(6) (限度額19万円)=(B) 円       (100円未満切り捨て)

介護納付金分
(40歳以上65歳未満の人のみ)

所得割額

(被保険者の前年の総所得金額等(注釈)-基礎控除43万円)×0.0186=(7) 円

(例)給与収入400万円(給与所得266万円)の場合、(266万-43万)×0.0186=41,478円

また、2人以上に所得がある場合、各々の前年の総所得金額等から基礎控除を差し引きます。

国保加入者で40歳以上65歳未満に該当しない場合、0円になります。

均等割額

9,522円 × 加入者数( 人)=(8) 円

(例)40歳以上65歳未満に該当する加入者が1人の場合、9,522×1=9,522円

平等割額

4,680円 (1世帯につき) (9) 4,680 円

40歳以上65歳未満に該当する加入者がいない場合、0円になります。

介護納付金分合計

(7)+(8)+(9) (限度額17万円) =(C) 円       (100円未満切り捨て)

1年間の国民健康保険税

(A)+(B)+(C)   円

注釈

所得金額の算定は、市民税課のページまたは国税庁ホームページを参考に算出してください。
なお、軽減・減免制度によりここで算出した額より低い場合もあります。

計算例

(例)
世帯主:42歳 給与収入500万円(給与所得356万円)
妻      :38歳 給与収入400万円(給与所得276万円)
子      :12歳 給与収入0円

上記世帯を例として1年間の税額を計算すると以下のとおりになります。

基礎分

(1)所得割額

{(世帯主356万円-43万円)+(276万円-43万円)+0円}×0.0679=370,734円

(2)均等割額

27,950×(3人)=83,850円

(3)平等割額

18,959円

(A)基礎分合計

(1)+(2)+(3)=473,500円 (100円未満切り捨て)

後期高齢者支援金等分

(4)所得割額

{(世帯主356万円-43万円)+(276万円-43万円)+0円}×0.0251=137,046円

(5)均等割額

10,124×(3人)=30,372円

(6)平等割額

6,868円

(B)後期高齢者支援金等分合計

(4)+(5)+(6)=174,200円 (100円未満切り捨て)

介護納付金分

(7)所得割額

世帯主356万円-43万円)×0.0186=58,218円

(8)均等割額

9,522×(1人)=9,522円

(9)平等割額

4,680円

(C)介護納付金分合計

(7)+(8)+(9)=72,400円 (100円未満切り捨て)

合計金額

(A)+(B)+(C)=720,100円 となります。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 国保年金課 国保係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0933
ファックス:082-422-0334
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。