学校給食カレー(レトルト)

更新日:2021年11月08日

概要

目的

普段子どもしか食べられない学校給食カレーを、家庭で家族と食べたり、昔食べた給食カレーと懐かしさを感じていただくことで、給食への関心を高めていただき、家庭や地域における子どもの食育推進を図ることを目的としています。

 

パッケージ・カレーの特色

カレーのパッケージの写真

東広島学校給食センターが21小中学校へ提供しているカレーのレシピを使用した甘口のポークカレーです。

豚肉は広島県立西条農業高等学校の生徒さんが飼育している「アグリポーク」を使用し、じゃがいもは安芸津町産の「マル赤じゃがいも」を使用しました。

製造数量・販売方法

製造数量は1,800食で、10月10日(日曜日)開催の「東広島学校給食センター施設開放イベント」で販売する予定でしたが、新型コロナ感染拡大防止集中対策期間であったことからイベントを中止しました。

イベント中止により、各小中学校のPTAへ各種行事等での販売の協力依頼をし、販売可能な一部のPTAをとおして保護者等へ販売していただけることになりました。

今回製造数量のほとんどを各PTAが購入してくださったため、一般販売の予定はありません。

 

 

購入PTA一覧

八本松中学校PTA、高屋中学校PTA、豊栄中学校PTA、黒瀬中学校PTA

高美が丘小学校PTA、松賀中学校PTA、東西条小学校PTA、河内小学校PTA

河内中学校PTA、八本松小学校PTA、郷田小学校PTA、木谷小学校PTA

 

学校給食カレーができるまで

第1回試食会

日時:令和3年6月29日

場所:広島県立西条農業高等学校

審査員:東広島学校給食センター栄養士、広島県立西条農業高等学校の生徒さん

目的:試作品を実際に試食し、「学校給食カレーを再現できているか」「豚肉の美味しさがいかされているか」を評価

結果:「豚肉の美味しさがいかされている」、「じゃがいもの存在感があり美味しい」、「少し辛い」など

カレーの写真
栄養士が試食をして審査している様子
広島県立西条農業高等学校の生徒さんが試食している様子
広島県立西条農業高等学校の生徒さんが試食している様子その2

第2回試食会

日時:令和3年7月28日

場所:広島県立西条農業高等学校

審査員:東広島学校給食センター栄養士、広島県立西条農業高等学校の生徒さん

目的:試作品を実際に試食し、「学校給食カレーを再現できているか」「豚肉の美味しさがいかされているか」、第1回試食会の「少し辛い」が改善できているかを評価

結果:以前より辛くなく、学校給食カレーを再現できている。

カレーの写真
広島県立西条農業高等学校の生徒さんが試食している様子
広島県立西条農業高等学校の生徒さんが試食している様子その2
広島県立西条農業高等学校の生徒さんが審査表に記入している様子
この記事に関するお問い合わせ先
学校教育部 東広島学校給食センター
〒739-0038
東広島市田口研究団地8番5号
電話:082-425-3388
ファックス:082-425-5120
メールでのお問い合わせ
東広島学校給食センター,レトルトカレー,アグリポーク,マル赤じゃがいも,学校給食カレー