ひがしひろしまスペースクラブ☆彡

更新日:2019年07月05日

第8回「星マスターになろう・修了式」

2月27日開催予定の「ひがしひろしまスペースクラブ」第8回は、新型コロナウイルス感染防止のため、中止となりました。

 

子ども達は、昨年7月から計7回にわたって、『星マスター』を目指して、宇宙や星について学んできました。

最終回の中止は残念ですが、子ども達はこれまでの学習をとおして、宇宙や星について学びを深め、天文台施設見学やプラネタリウム観察など、様々な体験をする事ができました。

お互い、はじめは緊張していましたが、回を重ねる毎に仲良くなり、楽しい時間を過ごす事ができました。

 

全7回のうち4回以上参加してくれた子ども達35人には、修了証書と記念品をお渡しします。

おめでとうございます。

 

講師を務めてくださった広島大学教育学部の学生の皆様をはじめ、東広島天文台、武田中学校・高等学校、三永地域センターの関係者の皆様、講座の開催にあたりご協力をいただき、ありがとうございました。

修了証書

 

第7回「秋・冬の星座をみつけよう」

1月23日に「ひがしひろしまスペースクラブ」第7回を開催しました!

 

今回は、秋・冬の星座について学びました。

それぞれの季節に見える星座や、ベテルギウス・シリウス・プロキオンの三つの星でできる冬の大三角形などについて勉強しました。

 

その後は、これまでの講座で習った12星座についておさらいしました。友達同士で、誕生日を教えあい、「8月生まれだったら、獅子座か乙女座のどっちかだ。」、「あなたは牡牛座。」など交流を深めました。

 

当日は、あいにくの曇り空のため屋外で天体観測をする事はできませんでしたが、国立天文台がホームページで公開しているソフトを使って、当日の空にみえる星座を学びました。

 

スペースクラブも残り1回、「星マスター」目指して、頑張ります!

 

第7回講座の様子1
第7回講座の様子2
第7回講座の様子3
第7回講座の様子4
第7回講座の様子5
第7回講座の様子6

第6回「太陽系の惑星について学ぼう」

12月5日に「ひがしひろしまスペースクラブ」第6回を開催しました!

 

はじめに、太陽系のそれぞれの惑星について大きさや密度、表面の温度などを学びました。

太陽系の惑星は、岩石や金属でできている地球型惑星と、水素・ヘリウムなどのガスで形成される木星型惑星がある事を勉強しました。

 

その後は、、これまで勉強した内容をもとにグループで問題を出し合い、「惑星カルタ」をおこないました。

子ども達は、学習の成果を活かして、難問にチャレンジしていました。

 

次回は、「秋冬の星座を見つけよう」です。

スペースクラブも残すところあと2回、子ども達は星マスターを目指して最後まで頑張ります!

第6回講座の様子1
第6回講座の様子2
第6回講座の様子3
第6回講座様子4
第6回講座の様子5

第5回「星の明るさや位置を学ぼう」

11月14日に「ひがしひろしまスペースクラブ」第5回を開催しました!

 

今回は、武田中学校・高等学校のプラネタリウムにお邪魔して、星の明るさや位置について学びました。

プラネタリウムを観察しながら、地球の様々な場所から北極星やたくさんの星座を観察し、日本以外にも、北極やニュージーランド、南極大陸を旅して、それぞれの場所から星がどのように見えるか体験しました。

 

子ども達は、初めて体験するプラネタリウムに目を輝かせ、「日本と見える位置が違う!」、「南極大陸から見ると逆に見える」など、たくさんの発見がありました。

 

ご協力いただきました、武田中学校・高等学校の教職員の皆様、大変お世話になりました。

 

次回は、広島大学で太陽系の惑星について学びます。

 

 

第5回講座の様子1
第5回講座の様子2
第5回講座の様子3
第5回講座の様子4

第4回「天文台で星を観測しよう!」

10月3日に「ひがしひろしまスペースクラブ」第4回を開催しました!

 

今回は、みんなが楽しみにしていた天文台の施設見学です。

はじめに広島大学宇宙科学センターの川端センター長から、天文台がなぜ東広島にできたのか、星をどうやって観測しているのかについて説明をしてもらいました。

 

その後、みんなで3Dメガネをかけて、宇宙空間をバーチャル体験しました。

子ども達からは、「宇宙の中にいるみたい!」、「木星がすぐ近くにあるみたい」、や「1億光年ってどのくらい遠いの?」などたくさんの驚きの声があがっていました。

 

施設見学の最後には、「かなた望遠鏡」を使って月の観測をおこないました。

あいにくの曇り空でしたが、雲の隙間からきれいな月を観ることができました。

子ども達は、初めて見る大きな望遠鏡に、興味深々でした。

 

施設見学をとおして、バーチャル体験や大型望遠鏡での観測など、たくさんの貴重な体験ができました。

次回は、武田中学・高等学校にあるプラネタリウムにお邪魔します。

第4回講座の様子1
第4回講座の様子2
第4回講座の様子3
第4回講座の様子4
第4回講座の様子5
第4回講座の様子6
第4回講座の様子7
第4回講座の様子8

第3回「月について学ぼう!」

9月5日に「ひがしひろしまスペースクラブ」第3回を開催しました!

 

はじめに月について学びました。

月がどうやってできたのか?月の大きさは?重さは?などたくさん知ることができました。

子ども達は、月が地球から約38万4千キロメートル(地球9周半くらい)も離れていることを知って、驚いていました。

 

その後、2グループに分かれて、月の観測とグループワークをおこないました。

月の観測では、天候に恵まれ、月のクレーターまではっきりと観ることができました。

グループワークでは、月がどの位置にある時に満月に見えるのか?子ども達同士で考え、話し合いました。

 

子ども達は、学年も学校も違いますが、講座が進むにつれてどんどん仲良くなっています。

 

次回は、楽しみにしていた東広島天文台の施設見学です。

子ども達は、大きな望遠鏡でたくさんの星を観ることを楽しみにしています。

第3回講座の様子1
第3回講座の様子2
第3回講座の様子3
第3回講座の様子4
第3回講座の様子5
第3回講座の様子6

第2回「夏の星座をみつけよう」 流星ってなんだろう☆

8月1日に「ひがしひろしまスペースクラブ」第2回を開催しました!

 

はじめに、「流星」と「彗星」のちがいについて学びました。

彗星が通ったあとにはたくさんの「宇宙のチリ」がばらまかれる事や、その「宇宙のチリ」が地球に突入した時に光って流星になる事などを学びました。

 

その後、ベガ、アルタイル、デネブの三つの星を線でつなぐ夏の大三角形などについて勉強しました。

 

後半は、外に出て、みんなで天体観測をおこないました。

望遠鏡を覗いて、夏の大三角形や、木星を観測して、貴重な体験をする事ができました。

 

次回のテーマは「月について学ぼう」です。参加児童たちは、星マスターを目指して頑張ります!

第2回講座の様子1
第2回講座の様子2
第2回講座の様子3
第2回講座の様子4
第2回講座の様子5

第1回「春の星座をみつけよう」 ぼく・わたしは〇〇星人☆

7月3日に「ひがしひろしまスペースクラブ」第1回を開催しました!

この講座は、広島大学教育学部の学生の皆さんを先生にむかえ、宇宙について楽しく学ぶ内容になっていて、15の小学校から、31人が参加しておこなわれました。

第1回目は参加者同士が仲良くなれるよう、自己紹介を中心に行いました。

自己紹介のテーマは、「私たちはどこの星から来たでしょうか?」

火星や木星など惑星を割り当てられた子どもたちは、タブレット端末を使って、星のことを調べました。その後、その星の住人になりきり自己紹介を行い、どこの星から来たか推理しあいました。

当日は、あいにくの曇り空のため、星空の観察はできませんでしたが、ゲームやクイズ等を通して、参加者同士が仲良く学びあうことができました。

この「ひがしひろしまスペースクラブ」は、全8回の連続講座になっています。

子どもたちは、季節の星座の観察や、東広島天文台の施設見学、武田中・高校にあるプラネタリウム見学等、宇宙について楽しく学び、「星マスター」を目指します!

第1回講座の様子1
第1回講座の様子2
第1回講座の様子
第1回講座の様子4
第1回講座の様子5
第1回講座の様子6

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習部生涯学習課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号北館2階
電話:082-420-0979
ファックス:082-422-1610
メールでのお問い合わせ