東広島市ビジネスモデル転換支援事業補助金【申請受付終了】

更新日:2020年10月22日

東広島市ビジネスモデル転換支援事業は令和2年10月21日(水曜日)をもちまして申請の受付を終了しました。

東広島市ビジネスモデル転換支援事業補助金

1 概要

既存ビジネスの在り方を転換し、衛生用品の新規製造や飲食店等におけるサービス提供方法の変更等、売上・雇用の維持に向けて新たな取組を実施する方を応援します。

2 対象者(次の全てを満たす者)

  • 東広島市内に事業所を有しており、業務歴が3か月以上の中小企業者
  • 市税の滞納がない者
  • 実施内容が、国・地方公共団体等の補助金等の給付に重複していない者

3 補助金額(申請は1回限り)

20万円を上限に補助対象経費の全額を補助

4 申請受付期間

令和2年5月1日(金曜日)から令和2年10月21日(水曜日)まで

5 補助対象経費

令和2年4月1日以降に始めた事業で、ビジネスモデルの転換に伴って新たに発生する経費(令和2年度以内に支払いの完了するもの)のうち

  • 消耗品費、通信費、広告宣伝費、既存設備改修費、ソフトウェア改修費、 その他市長が必要と認めた経費
  • ただし、消毒液の購入等感染予防に係る消耗品費、食材費、PCなどの備品、 新規機械設備購入費等は対象外

6 補助金申請方法

※コロナウイルス感染拡大防止のため、原則として郵送等で提出してください。

ビジネスモデル転換支援補助金申請書に、次の書類1.~5のうち必要な書類を添えて「東広島市産業部産業振興課」に郵送で提出してください。

提出に関して不明な点、よくわからない点等がある場合は、窓口でもご相談・提出書類の受付をさせていただきます。

  1. ビジネスモデル転換計画書
  2. 営業実態が確認できる書類(確定申告書の写し、開業届、営業許可証等)
  3. 住民票記載事項証明書(申請者が個人事業主の場合)
  4. 法人登記簿謄本(申請者が法人の場合)
  5. その他市長が必要と認める書類(誓約書兼同意書、新しいビジネスの実施に必要な各種許可証等)

交付申請書・計画書・誓約書兼同意書

※令和2年5月2日(土曜日)以前に書類をダウンロードされた方は、新たに追加された「誓約書兼同意書」もダウンロードして一緒にご提出ください。

7 補助金精算関連書類

8 参考資料

9 Q&A

この記事に関するお問い合わせ先
産業部 産業振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0921
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ