東広島市消費喚起支援事業補助金

更新日:2020年10月05日

東広島市消費喚起キャンペーン

取組店募集は終了しています。

地域のお店を知ってもらい、消費を喚起するために、割引や値引き等のキャンペーンを実施する中小企業、個人事業主を支援する事業です。

 

★申込(申請)は令和2年9月30日(水曜日)で終了しました。

※取組店は事業終了後、速やかに実績報告を行ってください。

(実績報告に必要な書類)

1 事業実績報告書 別記様式第8号(Wordファイル:56.5KB)

2 事業内容報告書 別記様式第9号(Wordファイル:63.5KB)

     ※報告書記入例 コチラ(PDFファイル:102.7KB)を確認してください。

3 証拠書類 (値引きの分かるの売上台帳、記念品等の領収書、広告費等の領収書 ほか)

 

(請求書の提出について)

 交付請求書 別記様式第11号(Wordファイル:59KB)

  ・確定通知書を確認してから、請求書を提出してください。(実績報告と一緒に提出も可)

     ※記入については請求書の記入について(PDFファイル:147.5KB)を確認してください。

 

 

 

東広島市消費喚起支援事業補助金交付要綱(Wordファイル:70KB)

消費喚起支援事業補助金の手続きの流れについて(PDFファイル:472.5KB)

1 対象者(次の全てを満たす者)

(1) 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項各号に規定する中小企業

者であって、市内に事業所を有し、かつ、市内において業務歴が3か月以上の者

(2) 市税の滞納がない者

2 補助対象経費

・ 割引、値引きに関する経費(商品等代金の20%以内とする)

・ 景品・粗品等に関する経費(不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号を遵守すること)

※事業期間中に実際に配布したものが対象となる

※金券(換金性のあるもの)は対象外 例)商品券、QUOカード、図書カード など

・ 宣伝等にかかる経費(印刷製本費等、役務費(広告宣伝費等))※申請額の2分の1を限度とする

※宣伝等とは、この消費喚起事業にかかる宣伝のこと

・ その他市長が必要と認める経費

3 補助金額(申請は1回限り)

20万円 を上限に対象経費の全額を補助

4 提出書類

  • 消費喚起事業交付申請書

  • 消費喚起事業計画書

  • 営業実態が確認できる書類 (確定申告書の写し、開業届、営業許可証等)

  • 住民票記載事項証明書(申請者が個人の場合) ※3カ月以内発行

  • 法人登記簿謄本(申請者が法人の場合) ※3カ月以内発行

  • 誓約書兼同意書

  • 市税の滞納のない証明書の写し※3カ月以内発行 (市税の納付状況の確認に同意する場合は不要) ※個人事業主で東広島市外に在住の場合は、住所地で滞納の無い証明書を取得してください。

5 各様式等

この記事に関するお問い合わせ先
産業部 産業振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0921
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。