東広島市商店街等復興支援事業

更新日:2021年04月07日

商店街等復興支援事業補助金について

新型コロナウイルスの感染拡大の影響やクラスターの発生の風評被害等により、著しく売上が減少した商店等が集積する地域(復興支援対象区域)で3密を回避して行うイベント等に対する経費等を支援します。

 

案内_商店街等復興支援事業(PDFファイル:199.5KB)

1.補助対象者・補助金額

補助対象者及び補助金額

補助対象者

補助率

補助限度額

1

復興支援対象区域(※1)を所管する商工会議所等(東広島商工会議所、黒瀬商工会、広島県央商工会又は安芸津町商工会)

補助対象経費の10分の10

200万円

※下限額:40万円

2

商店街振興組合法(昭和37年法律第141号)第2条第1項の商店街振興組合

3

上記2に準ずる団体で市長が適当と認める団体等

4

復興支援対象区域を拠点として活動する3以上の事業者(※2)等で構成する団体等

補助対象経費の10分の10

50万円

※下限額:10万円

※1 復興支援対象区域については、市産業振興課にお問い合わせください。

※2 事業者とは中小企業基本法第2条第1項各号に規定する中小企業者で市税に滞納がないこと。 

2.補助対象経費

 印刷費、通信費、広告宣伝費、消耗品費、委託料、既存設備改修費、ソフトウエア改修費、人件費(事業実施に伴い、新たに雇用したアルバイト従業員等の給与(1時間あたり950円を上限)に限る。)、その他市長が必要と認める費用。

 ただし、食材費、PC・大型モニター・汎用ソフトウエアなどのOA機器、機械・工具類、設備投資費(新規のもの)は対象外。

3.申請方法

 「東広島市商店街等復興支援事業補助金交付申請書(別記様式第1号)」に、次に掲げる書類を添付して、郵送などで「東広島市産業部産業振興課」に提出してください。

【添付書類】

1.事業(変更)計画書(別記様式第2号)

2.定款(任意団体の場合は規約、会則その他これらに準ずるもの)

3.申請者の役職、住所、氏名及び会員名簿

4.誓約書兼同意書

5.補助事業に係る収支予算書

6.申請を行う年度における申請者の収支予算書及び事業計画書 等

4.実施の流れ

※申請する場合は、事前にご相談ください。

1.交付申請を提出

2.交付決定後⇒事業実施 ※交付決定通知を受けてから着手すること

3.概算払を受けたい場合は概算払請求書を提出

4.事業完了後⇒実績報告書を提出 ※概算払いを受けた場合は精算書を一緒に提出

5.確定通知を受けてから請求書を提出

5.各様式等

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 産業振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0921
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。