森林環境譲与税の使途の公表について

更新日:2022年01月26日

森林環境譲与税について

平成31年4月1日より森林経営管理法が施行され、その財源となる森林環境税と森林環境譲与税が新設されました。この税は、温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止などを図るための森林整備などに必要な財源を安定的に確保する観点から、国民一人一人が等しく負担を分かち合って森林を支える仕組みとして創設されたものです。 

〇森林環境譲与税について詳しくは林野庁ホームページをご覧ください。

森林環境譲与税の使途

森林環境譲与税は、森林整備、人材育成、木材利用促進や普及啓発などを目的とした施策の費用に充てることとされています。

また、都道府県及び市町村は、法律により森林環境譲与税の使途を公表することとされています。

令和元年度 森林環境譲与税の実績(PDFファイル:79.5KB)

令和2年度 森林環境譲与税の実績(PDFファイル:91.7KB)

 

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 農林水産課 生産基盤整備係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0939
ファックス:082-422-5144
メールでのお問い合わせ

森林整備,森林環境税,森林環境譲与税,森林経営管理制度