令和3年度スマートハウス化支援補助金制度について

更新日:2021年07月26日

省エネルギー及び新エネルギーの活用を推進することにより、地球環境の保全に寄与するとともに、市民の皆様の環境保全に関する意識の高揚を図るため、住宅のスマートハウス化を支援します。

令和3年度スマートハウス化支援補助金の執行状況

令和3年度スマートハウス化支援補助金の受付は、終了しました。

補助内容については次のとおりです。

補助の内容

補助対象設備および補助金額詳細

設備の種類

補助額

定置用リチウムイオン蓄電システム(蓄電池)

上限額 12万円
(補助対象経費の10分の1)
※初期実効容量により補助金額が変わります

家庭用燃料電池システム(エネファーム)

上限額 8万円
(補助対象経費の10分の1)

電気自動車充給電設備(V2H)

上限額 10万円
(補助対象経費の10分の1)

蓄電池の補助については、太陽光発電設備と同時に設置するか、又は既に太陽光発電設備を設置している場合で、蓄電池と太陽光発電設備を接続して利用する場合のみ、補助対象とします。 

  • 交付申請額が予算に達した場合は、受付を終了します。
  • 工事着工の2週間前までに申請してください。
  • 設置完了後の翌日から30日以内、または2022年3月15日のいずれか早い日までに実績報告書を提出してください。
  • 工期はゆとりをもって設定してください。

受付期間・時間

期間:2021年4月1日(木曜日)~2022年2月28日(月曜日)

時間:8時30分~17時15分

土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日はお休みです。

受付窓口

環境先進都市推進課(本館1階)

交付申請時の注意事項

  • 郵送による申請も受付けますが、窓口申請(持参)を優先します。また、申請は必要書類が全て揃った時点で受け付けます。
  • 「申請の手引き」をよくお読みいただき、申請してください。
  • 様式は年度途中に変更になる可能性があります。ただし、変更前の様式でも申請できます。
  • 既に設置された設備や交付決定前に着工した場合、補助の対象となりません。
  • 「滞納のない証明書(納税証明書)」は、収納課(本館5階)と支所・出張所の窓口でのみ交付できます。自動交付機、市民課では交付できません。
  • 申請書が印刷できない方は、環境先進都市推進課窓口でお受け取りください。
  • 令和3年度から各申請書類への押印は不要です。

実績報告時の注意事項

  • 実績報告は、設置完了後の翌日から30日以内、または2022年3月15日のいずれか早い日までに提出してください。
  • 必要書類が全て揃ったもののみ受け付けます。
  • 令和3年度から各申請書類への押印は不要です。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

生活環境部 環境先進都市推進課 企画推進係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0928
ファックス:082-421-5601
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
"スマート,ハウス,スマハ,HEMS,太陽光,蓄電池,V2H,補助,ヘムス,ソーラー,パネル,リチウム"