住民票の写しなどの交付手数料の改定について【令和2年4月1日から】

更新日:2019年10月21日

● 改定理由

市が提供するサービスの費用は、税金と、そのサービスを利用する人(受益者)が支払う手数料で賄っています。そのため、サービスを利用する人(受益者)に応分の負担をしていただくことで、サービスを利用しない人(非受益者)との負担の公平性を確保する必要があります。

市では、昭和62年以降、コスト削減などに優先的に取り組み、手数料の額を改定していませんでした。しかし、証明書の交付などに要する経費と現在の手数料の差が大きくなっていたため、受益者負担の原則を踏まえて見直しを行いました。

● 改定日

令和2年4月1日(水曜日)

● 改定する手数料一覧

窓口交付、郵送請求等の証明書交付手数料改定一覧

※郵便で請求する場合は、市役所に郵便が届いた日が

申請受付になりますので、ご注意ください。

証 明 書 改定前 改定後
住民票の写し 200円 300円
住民票記載事項証明書 200円 300円
広域交付住民票の写し 200円 300円
住民基本台帳の写しの閲覧 200円 300円
戸籍の附票の写し 200円 300円
印鑑登録証交付手数料 200円 300円
印鑑登録証明書 200円 300円
身分証明書 200円 300円
独身証明書 200円 300円
不在住証明書 200円 300円
不在籍証明書 200円 300円
その他行政証明書(廃棄証明書など) 200円 300円
この記事に関するお問い合わせ先
生活環境部 市民課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0925
ファックス:082-420-0011
メールでのお問い合わせ