水道事業経営戦略

更新日:2017年02月21日

経営戦略とは

 地方公営企業については、社会経済状況が厳しさを増すなか、抜本的な改革への取り組みが必要とされ、平成26年度からの会計基準の見直し、経営比較分析表の策定・公表など、経営状況の「見える化」が進んでおり、また、更なる経営の健全化を推進するため、国においては各団体に対し経営戦略の策定を求めています。

 経営戦略策定にあたっての考え方はガイドラインに示されており、投資試算、財源試算にもとづく投資・財政計画を作成し、これがサービスを安定的に継続できるよう収支均衡となる必要があり、また、住民・議会への公開、事後検証・更新などの取り組みが併せて求められています。

経営戦略の概要(策定結果)

 これらを踏まえ水道局では、ガイドラインに従い、東広島市水道事業経営戦略を策定しました。計画期間は平成29年度から平成38年度までの10年間とし、投資・財政計画では黒字を維持できる見込みとなっており、当面の更新投資に必要な資金も確保できる見込みとなっています。

東広島市水道事業経営戦略

参考

この記事に関するお問い合わせ先
水道局 業務課 
〒739-0025
東広島市西条中央二丁目5番18号
電話:082-423-6333
ファックス:082-422-0336
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。