沿革

更新日:2016年12月01日

東広島市水道事業の沿革

 東広島市水道事業は、下表「東広島市の水道のあゆみ」に示すように、旧西条町営水道事業として昭和30年に給水を開始しました。その後、昭和42年に計画給水人口12,000人、一日最大給水量4,560立方メートルの認可を受け、第1期拡張事業を実施しました。以後、第2期~第5期拡張事業の認可を受け、平成29年に第6期拡張事業として計画給水人口165,000人、一日最大給水量61,000立方メートルの認可を受けて事業を実施しています。

東広島市の水道のあゆみ

東広島市の水道のあゆみ
事項
昭和25年(1950年) 12 上水道布設認可(計画給水人口 12,000人 計画一日最大給水量 2,340立方メートル)
昭和30年(1955年) 4 上水道給水開始
昭和42年(1967年) 3 第1期拡張事業認可(計画給水人口 12,000人 計画一日最大給水量 4,560立方メートル)
昭和47年(1972年) 3 第2期拡張事業認可(計画給水人口 16,000人 計画一日最大給水量 6,400立方メートル)
昭和49年(1974年) 4 東広島市制発足(西条町・八本松町・志和町・高屋町合併)
昭和52年(1977年) 9 第3期拡張事業認可(計画給水人口 20,000人 計画一日最大給水量 9,200立方メートル)
昭和54年(1979年) 4 第4期拡張事業認可(計画給水人口 66,940人 計画一日最大給水量 37,800立方メートル)
昭和57年(1982年) 7 県営広島水道用水供給事業からの受水開始
平成3年(1991年) 5 第5期拡張事業認可(計画給水人口 105,000人 計画一日最大給水量 48,700立方メートル)
平成16年(2004年) 3 第5期拡張事業変更届出(計画給水人口 106,000人 計画一日最大給水量 43,400立方メートル)
平成17年(2005年) 2 黒瀬町・福富町・豊栄町・河内町・安芸津町と合併
平成17年(2005年) 2 黒瀬町水道事業及び安芸津町水道事業の全部譲り受け
平成17年(2005年) 2 第5期拡張事業変更届出(計画給水人口 142,190人 計画一日最大給水量 63,380立方メートル)
平成17年(2005年) 2 福富町簡易水道事業(計画給水人口 1,400人 計画一日最大給水量 1,005立方メートル)、
平成17年(2005年) 2 河内町簡易水道事業(計画給水人口 3,560人 計画一日最大給水量 1,242立方メートル)及び
平成17年(2005年) 2 河内町(入野)簡易水道事業(計画給水人口 5,000人 計画一日最大給水量2,410立方メートル)を承継
平成17年(2005年) 3 第5期拡張事業変更届出(計画給水人口 152,300人 計画一日最大給水量 63,200立方メートル)
平成21年(2009年) 1 福富簡易水道事業変更届出(計画給水人口 1,050人 計画一日最大給水量 1,005立方メートル)
平成29年(2017年) 2 第6期拡張事業認可(計画給水人口 165,000人 計画一日最大給水量 61,000立方メートル)
平成29年(2017年) 3 福富簡易水道事業、河内簡易水道事業及び入野簡易水道事業を東広島市水道事業への統合に伴い廃止
この記事に関するお問い合わせ先
水道局 業務課 総務係
〒739-0025
東広島市西条中央二丁目5番18号
電話:082-423-6333
ファックス:082-422-0336
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。