生活基盤施設耐震化等事業計画

更新日:2016年12月01日

生活基盤施設耐震化等事業計画の概要

生活基盤施設耐震化等交付金

水道施設及び保健衛生施設等の耐震化を推進するとともに水道事業の広域化を推進し、水道事業体の運営基盤を強化するための施設整備に必要な経費について、国が財政支援するために平成27年度に厚生労働省により創設された制度です。

生活基盤施設耐震化等事業計画

国から交付金を受けて事業を実施する場合には、「生活基盤施設等事業計画」を作成し、「目標の妥当性」、「計画の効果及び効率性」、「計画の実現可能性」を検証し、検証結果を事業計画とあわせて公表することとされています。

東広島市水道局では、水道施設拡張計画を作成し事前評価を行いました。

この記事に関するお問い合わせ先
水道局 業務課 
〒739-0025
東広島市西条中央二丁目5番18号
電話:082-423-6333
ファックス:082-422-0336
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。