自己水源・県営水道用水供給事業

更新日:2016年12月01日

自己水源の割合

 東広島市では、自己水源の確保が難しいため、給水量の90%以上を広島県の用水供給事業からの受水で賄っています。地震や雷などの自然災害、有害物質などの流失事故、テロなどの緊急事態、広島県用水の遮断事故などにおいても最大限の給水確保がなされるよう、施設の整備(施設の耐震化・配水池容量の増大など)を行っています。

自己水源・用水供給事業受水の割合のグラフ

県営水道用水供給事業

広島県が運営する用水供給事業については、次のリンク先をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
水道局 業務課 総務係
〒739-0025
東広島市西条中央二丁目5番18号
電話:082-423-6333
ファックス:082-422-0336
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。