東広島市文化芸術振興プログラムについて

更新日:2016年12月01日

策定の趣旨

 平成28年4月に東広島芸術文化ホールくららが開館し、平成32年度開館を目指す新美術館の建設については、本格的な検討が開始されています。こうした 施設整備やこれまでの文化芸術に関するさまざまな取り組みを施策全体の中に位置づけつつ、今後の行政や文化芸術の担い手等の活動の方向性を示すために策定 したものです。

目標像

 文化芸術で飛躍する東広島市

基本理念及び施策

基本理念1 ふれる 優れた文化や芸術にふれる

<施策> 文化・芸術・交流ゾーンの形成、連携による文化芸術施設の機能強化

 優れた文化や芸術にふれるための文化芸術の拠点を形成します。文化・芸術・交流ゾーンの拠点性の向上を図るほか、市全体の発展を支える環境づくりを進めます。

基本理念2 はぐくむ 将来を担う人をはぐくむ

<施策> 文化芸術を感じることのできる機会の提供、市民の主体的な文化芸術活動の支援、文化芸術の担い手の育成

 文化芸術を担う人材を育成するため、市民が文化芸術を感じることのできる機会を広く提供するとともに、文化芸術の振興・発展を下支えする人材の育成を推進します。

基本理念3 つくる 個性あるブランドをつくる

<施策> 「東広島市らしさ」の発揮、文化芸術の国内外への発信、文化芸術を活かしたまちの賑わい創出

 歴史や伝統文化の保全・継承、積極的な活用により個性ある文化芸術のブランドを育成するとともに、観光や商業などの産業等と文化芸術の連携を促進し、文化芸術のブランド力をエンジンとした、まちの賑わいづくりを推進します。

基本理念4 つなぐ 人が集い、交わり、ひろがる

<施策> 文化芸術団体等の連携、産学官の連携による文化芸術の活性化、学校と文化芸術団体との連携

 多様な主体の連携と協働により、文化芸術活動を積極的にサポートし、活性化させるため、交流機会を提供するなど、文化芸術団体等の連携を強化し、団体同士が協力し合う関係づくりを促進します。

東広島市芸術振興プログラム

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習部 文化課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 北館2階
電話:082-420-0977
ファックス:082-422-6531
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。