身近な火災予防法

更新日:2018年02月02日

住宅防火 命を守る7つのポイント

隣近所の協力体制をつくる。

防炎製品を使用しよう。

寝タバコはやめよう。

住宅用火災警報機を設置しよう。

火のそばをはなれる時は火を消してのイラスト

そばを離れるときは火を消して!

住宅用消火器を備える。

カーテンなどは燃えやすいものから離してねのイラスト

燃えやすいものからはなしてね。

もしも火が出たら3つの行動

火事をほかの人にすばやく知らせるのイラスト

1.すばやく知らせる

火が小さいうちに素早く消化するのイラスト

2.すばやく消火!

煙に巻かれないように避難するのイラスト

3.煙に巻かれない!

向こう三件両隣の協力

1.大揺れのあと
必ず声をかけ合って手助けの有無を確認しましょう

2.消火活動
近所の火事には消火用具や水をもって駆けつけ、全体での消火活動に協力しましょう。

3.余震に備える
安全な一室をつくり、そこで寝起きするようにしましょう。

4.避難のとき
高齢者や障害のある方の優先行動を手伝いましょう。

5.情報の確認
デマの蔓延を防ぐために、出所不明の情報は、地域でしっかり、確認し、正しい情報が伝わるようにしましょう。

6.衛生の維持
在宅、避難先などにかかわらず、全体の衛生の維持に協力しましょう。

消火器の訪問点検にご注意!

消火器の点検の前に契約業者であるか確認しましょうのイラスト

点検を承諾する前に必ず契約業者であるかを確認しましょう。
トラブル防止のポイント

  • 身分証等の提示を求める。
  • はっきりと点検を拒否する。
  • 契約書にハンコを押さない。
この記事に関するお問い合わせ先
消防局 予防課 
〒739-0021
東広島市西条町助実1173番地1
電話:082-422-6341
ファックス:082-422-5597
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。