選挙制度が変わりました(成年被後見人の選挙権等の回復)

更新日:2016年12月01日

 平成25年5月27日に、成年被後見人の選挙権の回復に係る公職選挙法の一部を改正する法律が成立しました。

 この改正により、平成25年7月以降に公示・告示される選挙(第23回参議院議員通常選挙)から、成年被後見人の方は、選挙権・被選挙権を有することとなりました。

 また、この改正では、公正な投票環境の確保のため、代理投票制度の見直しや病院、老人ホーム等における不在者投票に際して、当該不在者投票管理者に第三者の立会人を立ち会わせることとする努力義務規定が設けられました。

パンフレット

この記事に関するお問い合わせ先
選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 北館2階
電話:082-420-0968
ファックス:082-420-0989
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。