補装具

更新日:2016年12月01日

補装具費の支給について

身体障害者(児)の失われた部位、障害のある部位を補って必要な身体機能を獲得し、あるいは、補うために用いられる装具(補装具費)の支給をします。
申請については、まず障害福祉課及び各支所へご相談ください。
交付にあたっては、広島県立身体障害者更生相談所の判定が必要な場合があります。

1.交付対象

身体障害者手帳を所持している人
ただし介護保険サービスが優先

2.品目

義手、義足、上肢装具、下肢装具、靴型装具、体幹装具、盲人安全杖、車いす、電動車いす、座位保持装置、歩行器、補聴器、義眼、眼鏡、歩行補助つえ(一本つえを除く)、重度障害者意思伝達装置

  • 児童のみ対象:座位保持車いす、起立保持具、頭部保持具、排便補助具
  • 各品目ごとに基準額及び耐用年数が設けられています。

3.利用者負担

利用者の負担は、原則として1割(ただし負担上限があります)
市民税非課税世帯の方は無料

4.必要書類

  • 印鑑
  • 身体障害者手帳
  • 申請書
  • 書類判定が必要な場合は、医師の意見書
  • 個人番号が確認できるもの
  • 転入の方は、課税台帳記載事項証明書

5.申請窓口

障害福祉課及び各支所

申請書は下記からダウンロードできます。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 障害福祉課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0180
ファックス:082-420-0181
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。