新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方

更新日:2020年05月15日

新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方

家庭ごみを出すときに心がける5つのこと

その1 ごみ袋はしっかり縛って封をしましょう!
ごみが散乱せず、収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくなります。

その2 ごみ袋の空気を抜いて出しましょう!
収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくし、収集車での破裂を防止できます。

その3 生ごみは水切りをしましょう!
ごみの量を減らすことができます。

その4 普段からごみの減量を心がけましょう!
購入した食品は食べきるなど、ごみを出さないことも大切です。家庭での食事機会が増える中、料理を楽しみながら、できることがあります。環境省の「食品ロスポータルサイト」をご覧ください。

その5 自治体の分別・収集ルールを確認しましょう!
粗大ごみの持ち込みを停止している場合や、資源物の分け方・出し方が普段と異なる場合などがあります。また、マスクなどごみのポイ捨ては絶対にやめましょう。


新型コロナウイルスなどの感染症の感染者又はその疑いのある方の使用済みマスク等の捨て方

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある方がご家庭にいらっしゃる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は、以下のことを心がけてごみを出しましょう。

1 ごみ箱にごみ袋をかぶせ、いっぱいにならないようにしましょう!
ごみは、いっぱいになる前に早めに出しましょう。

2 ごみに直接触れることのないよう、しっかり縛って出しましょう!
ごみは、空気を抜いてからしっかり縛って出しましょう。万一、ごみが袋の外面に触れた場合や、袋が破れている場合は、ごみ袋を二重にしてください。

3 ごみを捨てたあとはしっかり手を洗いましょう!
石けんを使って、流水で手をよく洗いましょう。


以上の点に気を付けてごみを出していただくことが、ご家族にとっても、ごみを収集・処理する作業員にとっても、ごみの円滑・安全な収集・処理を行う上で大切な行動です。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

環境省

※なお、東広島市では現時点でごみの直接搬入の停止や、分別の変更は実施しておりません。

 

dust_covid19_2

この記事に関するお問い合わせ先
生活環境部 廃棄物対策課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0926
ファックス:082-426-3115
メールでのお問い合わせ