法人市民税営業(所在地)証明書の請求方法について

更新日:2019年05月01日

1. 窓口に来られる場合

申請に必要なもの

  1. 法人市民税台帳記載事項証明(営業証明)申請書(社印または代表者印を押印したもの)
  2. 窓口に来られる人の本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)
  3. 手数料(1通につき300円です)

※東広島市手数料条例の改正により、令和2年4月1日申請受付分から、証明手数料が300円に変更になります。郵便で請求する場合は、市役所に郵便が届いた日が申請受付になりますので、ご注意ください。

※東広島市上記「印」は、本社の角印、又は代表者の丸印となります。
上記1.の申請書に、本社の角印、又は代表者の丸印が押印されていない場合は、窓口で申請する人の印、および委任状が必要です。

申請場所

(1)市役所本館1階の市民課(市民窓口センター)

受付時間:月曜日~金曜日、8時30分~17時15分

※木曜窓口延長・日曜休日受付については以下リンク先でご確認ください。

(実施日時及び実施期間)

(2)市役所本館5階の市民税課、各支所・各出張所

受付時間:月曜日~金曜日、8時30分~17時15分

(土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日の年末年始は休み)

ダウンロード

2.郵便で請求される場合

封筒にいれるもの

  1. 法人市民税台帳記載事項証明(営業証明)申請書(社印または代表者印を押印したもの)(郵送用)
  2. 本人確認書類(運転免許証・健康保険証等のコピー等)
  3. 定額小為替(郵便局で購入)・・・証明書1通につき300円分です。なお、定額小為替には何も記載せず、金額の過不足がないようにしてください。
    ※東広島市手数料条例の改正により、令和2年4月1日申請受付分から、証明手数料が300円に変更になります。郵便で請求する場合は、市役所に郵便が届いた日が申請受付になりますので、ご注意ください。
  4. 返信用封筒(定形封筒で返信先の住所・氏名を記入し、切手を貼ったもの)

注意事項

  1. 郵送での請求は、証明書が発行できるかどうか、必ず事前に電話でお問い合わせください。
  2. 法人の開設・設立・異動届をしていない法人は、発行することができません。
  3. 日中連絡のとれる電話番号を必ず記入してください。

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
財務部 市民税課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
電話:082-420-0910
ファックス:082-422-6810
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。