東広島市PFI導入基本指針

更新日:2016年12月01日

「東広島市PFI導入基本指針」の改訂について

 今後の多様化・複雑化する行政ニーズに的確に応え、持続可能な行財政運営を行っていくためには、民間と公共の適切な役割分担の上で、真に行政が関与すべき分野への選択と集中を行うことにより、限られた財源を最大限に活用することが不可欠となっています。
 東広島市では、平成25年に策定した「第5次東広島市行政改革大綱」及び同実施計画において、効率的な行財政運営を推進するため、民間と公共の役割分担や 公共性の確保等に留意しながら、事業手法の転換を図るため、PFI(Private Finance Initiative)や指定管理者制度をはじめとする民間活力の導入を積極的に推進することとしています。
 この度、「民間資金等の活用による 公共施設等の整備等の促進に関する法律」が改正され、同法に基づく国のPFIに係る各種ガイドラインが平成25年6月に策定・改正されました。これらの内容を踏まえるとともに、庁内の推進体制や検討の具体的作業手順を整理し盛り込み、「東広島市PFI導入基本指針」として改訂しました。今後の公共施設等の 整備等の検討に当たっては、PFIも含めた最適な整備手法の検討を行っていきます。
 なお、この「指針」は、今後PFI事業を検討、導入、実施する過程での具体的な課題を踏まえ、今後も必要に応じ内容を更に充実させ、より良いものにし、市民満足度の高い、さらなる発展が可能なまちづくりを進めていきます。

ダウンロード

民間事業提案を検討いただく際の注意点等(概要版)
事前にお問い合わせください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくは下記リンクをご覧ください。

リンク

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 総務課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館3階
電話:082-420-0907
ファックス:082-420-0415
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。