【税の学習室】子どもむけパンフレット「まちづくりってなんだろう?」

更新日:2019年11月18日

どうして税をはらうのだろう?

みなさんは、くらしの中でさまざまな税金をはらっています。

東広島市にはらう税金は、市県民税(住民税)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税などがあります。

こうしたお金を使って、東広島がすみやすいまちになるように公共(こうきょう)サービスをおこなっています。

税は「会費(かいひ)」のようなもので、みなさんのはらった税がまちを支えています。

税は、たすけあいのしくみと言えるでしょう。

税は東広島市を住みやすいまちにするために使われています税がないと公共サービスができなくなってしまいます

平成29年度の歳出のグラフです平成29年度の歳入のグラフです

保護者・教職員のみなさまへ

パンフレット「まちづくりってなんだろう?」を作成いたしました。

ご家庭や授業(社会科学習など)でご活用ください。

印刷して子どもたちとご覧いただき、くらしを支える税について考えるきっかけにしてください。

【子どもむけパンフレット】まちづくりってなんだろう?(全4枚)

この記事に関するお問い合わせ先
財務部 収納課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
電話:082-420-0912
ファックス:082-423-4968
メールでのお問い合わせ