手話言語の認識の普及に関する条例

更新日:2019年10月08日

平成31年2月27日の平成31年第1回市議会定例会において、「手話言語の認識の普及に関する条例」が全会一致で可決され、平成31年4月1日に施行しました。

この条例が施行された背景として、“手話は「言語」である”という理解が、世の中に浸透していない現状があります。このことにより、ろう者(聴覚の障害のため、手話を第一言語として意志疎通する者)は日常生活の様々な場面で不利益を被っています。

そのため、本市は、ろう者にとっての母語は「手話」であり、「日本語」とは違う独自の言語であるという認識を、市民に啓発する責務があります。

その第一歩として、「ことばのバリアフリー」に取り組むとともに、聴覚障害者を含む市民がいつでも手話を使える市にすることを目的とし、この条例が制定されました。

手話を学んでみませんか

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 障害福祉課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0180
ファックス:082-420-0181
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。