転入届の特例(個人番号カードまたは住民基本台帳カードを使った転出届)

更新日:2016年12月01日

 個人番号カードまたは住民基本台帳カードを所持していれば、前もって転出地の役所に『転入届の特例による転出届』を郵送、もしくは窓口に届出を行えば「転出証明書」の交付無しで転入地の役所で転入手続きができます。

注意事項

  • 転出する方の中に個人番号カードまたは住民基本台帳カード(失効していないもの)を交付されている方がいないと届出できません。
  • 転入届の特例による転出届を郵送する場合は、昼間連絡の取れる電話番号と氏名、生年月日、性別、転出(予定)日、新住所を必ず記入してください。
  • 本人確認のため、請求者の写真付き身分証明書・保険証等の本人確認書類の写し(コピー)を同封してください。
  • 転出証明書は発行されませんので、新しい住所地で転入届をする時は、個人番号カードまたは住民基本台帳カードと、原則として本人・同一世帯員による暗証番号の入力が必要です。
  • 転入届の特例による転出届は、転出前または転出の日から14日以内しかできません。15日以上経過している場合は通常の転出届として取扱います。(転出証明書に準ずる証明書を交付します。)

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
生活環境部 市民課 住民係(住所変更、証明発行、パスポート)
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0925
ファックス:082-420-0011
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんので、ご了承ください。また、暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。