令和2年度(令和元年分)市県民税申告

更新日:2020年03月13日

市県民税の申告について

令和元年(平成31年)中の所得について、市へ申告が必要な人は、令和2年度市県民税申告を提出してください。申告相談会場は、多数の方が来場されます。感染症の感染拡大防止のため、市県民税申告を郵送で提出いただくようご協力お願いします。

申告書等はダウンロードより印刷することができます。

なお、令和2年度市県民税申告書は、平成31年度市県民税申告をした人を対象に、2月上旬に発送しています。

市県民税申告の必要がない人

  1. 税務署に所得税の確定申告書を提出する人
  2. 令和元年(平成31年)中に収入のなかった人(ただし、所得証明書が必要な人は、申告してください。)
  3. 給与所得(年末調整済)だけの人、または、年金所得だけの人

上記3に該当する人でも、所得控除の追加がある人は申告が必要です。

市県民税申告の必要がある人

令和2年1月1日に東広島市に居住していた人で次に該当する人

  1. 給与を1か所(年末調整済)から受けていて、それ以外の各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下 の人
  2. 給与を2か所以上から受けていて、年末調整されなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円以下の人
  3. 公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、その他の所得金額の合計額が20万円以下の人
  4. 所得控除の追加がある人
  5. 医療や福祉等の制度等を利用するために、所得額の証明が必要な人

令和2年1月1日現在、東広島市に居住していない人で次に該当する人

  1. 東広島市内に事務所または家屋敷を所有している人

申告に関するフローチャート

申告フローチャート

図1:申告フローチャート

【要注意】ふるさと納税ワンストップ特例を申請した人へ

令和元年(平成31年)中に行ったふるさと納税について、ワンストップ特例申請書を提出している人は、令和元年(平成31年)中分の確定申告書や市県民税申告書を提出した場合、ふるさと納税ワンストップ特例制度の対象になりません。

医療費控除の追加などで申告書を提出する場合は、ふるさと納税について確定申告で寄附金控除を必ず申告してください。

令和2年度(令和元年分)市県民税申告相談会場

ご協力のお願い

医療費控除の明細書及び収支内訳書の事前準備のお願い

申告会場は、大変混雑します。円滑な申告受付と待ち時間短縮のため、医療費控除を受ける方は「医療費控除の明細書」、営業・農業・不動産所得がある方は「収支内訳書」を、事前に作成し申告会場へお越し下さい。

確定申告会場におけるマスクのご持参(着用)のお願い

感染症の感染拡大防止の観点から、来場者の皆様の健康と安全を考慮し、職員の手洗い、うがい、マスクの着用を励行しております。
来場を予定されている皆様におかれましても、手洗い、マスクのご持参(着用)などの感染予防をお願いします。
申告会場には、アルコール消毒液及びマスクを設置しておりますので、ご利用ください。
※ 昨今の状況により補充できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

令和2年度(令和元年分)市県民税申告相談会場・日程

令和2年度市県民税申告の日程と会場
日 程 地域 会 場(受付時間  9:30~16:00)
2月17日 西条 市役所本館4階
2月18日 西条 市役所本館4階
2月19日 河内 入野地域センター
2月20日 八本松 八本松地域センター
2月21日 八本松 八本松地域センター
2月22日   閉庁日
2月23日   閉庁日
2月24日(祝日)   閉庁日
2月25日 福富 湖畔の里福富多目的ホール
2月26日 黒瀬 黒瀬生涯学習センター
2月27日 黒瀬 黒瀬生涯学習センター
2月28日 黒瀬 黒瀬生涯学習センター
2月29日   閉庁日
3月1日   閉庁日
3月2日 西条 市役所本館4階
3月3日 西条 市役所本館4階
3月4日 高屋 高屋西地域センター
3月5日 高屋 高屋西地域センター
3月6日 河内 河内保健福祉センター
3月7日   閉庁日
3月8日   閉庁日
3月9日 志和 志和生涯学習センター
3月10日 豊栄 豊栄支所3階会議室
3月11日 高屋 造賀地域センター
3月12日 安芸津 安芸津生涯学習センター
3月13日 安芸津 安芸津生涯学習センター
3月14日   閉庁日
3月15日   閉庁日
3月16日 西条 市役所本館4階

会場周辺の地図

以下のリンクより、各会場周辺の地図を確認することができます。
()内は、会場が開かれる月日を表しています。

受付できない確定申告

〇上記申告会場で、確定申告の受付も可能です。ただし、つぎに該当する場合は税務署へ申告して下さい。
・青色申告
・準確定申告(お亡くなりになった方の申告)
・土地建物の譲渡所得(※)
・令和元年分以外の申告
・住宅借入金等特別控除(初年度)の申告
・ストックオプション
・繰越損失の申告
・先物取引に関する申告
・特定支出控除(給与所得)の申告
・国外に居住している親族を扶養親族とする申告
※「各種特別控除に該当しない土地建物の譲渡所得の申告」や「収用による譲渡」は受付が可能です。

その他のご案内

〇来場はできるだけ公共の交通機関などをご利用ください。
〇お住まいの地域にかかわらず、上記いずれの会場にもお越しいただくことが可能です。
〇長時間(1時間~2時間)お待ちいただく場合があります。
〇市県民税申告書は、「市役所本館5階市民税課」でも提出は可能です。
また、市県民税申告書を郵送で提出する場合は、収入や控除に関する書類と合わせて、ページ最下部のお問い合わせ先に記載の住所へお送り下さい。

市県民税申告書の提出について

提出方法

ご自分で作成済の市県民税申告書は市民税課またはお近くの支所・出張所の窓口までお持ちください。また、郵送で提出することもできます。感染症の感染拡大防止のため、市県民税申告を郵送で提出いただくようご協力お願いします。

送付先

〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
東広島市役所 財務部市民税課

準備するもの

  • 申告書の用紙
  • 印鑑(認印)
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証など) ※郵送の場合コピー可
  • 個人番号確認書類(個人番号カード(マイナンバーカード)・個人番号通知カードなど) ※郵送の場合コピー可
  • 源泉徴収票(給与・報酬・公的年金・恩給など)
  • 営業・農業・不動産所得のある人は収支内訳書
  • 保険の満期(解約)一時金・個人年金を受け取った人は、支払調書
  • 雑損控除・寄附金控除(ふるさと納税を含む)を受ける人は、支払がわかる証明書
  • 医療費控除を受ける人は、医療費控除の明細書(※)
  • セルフメディケーション税制の適用を受ける人は、医療費の明細書に加えて健康の保持増進等の取り組みを行ったことを明らかにする書類
  • 国民健康保険税、国民年金保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料の支払い金額がわかる証明書
  • 生命保険料、個人年金保険料、介護医療保険料、地震保険料の支払証明書
  • 障害者控除を受ける人は身体障害者手帳など
  • 学生の人は学生証
  • 平成30年7月豪雨により被害を受けられた人は雑損控除を受けるために必要な書類

※平成30年度(平成29年分)の申告から、医療費の領収書の提出が不要(手元で5年間保存)になりました。代わりに、「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。明細書の様式は、ダウンロードから印刷することができます。


● 東広島市国民健康保険および広島県後期高齢者医療保険の加入者について

平成30年分から、東広島市 国保年金課が送付する医療費のお知らせ(医療費通知)を、医療費控除の申請に使用することができるようになりました。お知らせは、年度内に2回(9月、3月)送付しますが、希望する人へ別途年間分の「医療費のお知らせ(医療費通知)」を交付いたします。詳しくは、医療費のお知らせ(医療費通知)についてをご確認ください。

後期高齢者医療保険加入者への医療費の通知は、広島県後期高齢者広域連合から郵送されます。内容に関することや、再発行についての問い合わせ先は、広島県後期高齢者医療広域連合(082-502-3030)となります。

● その他の保険に加入されている方は、ご加入の保険事業者にお問い合わせください。

医療費控除の明細書、農業収支内訳書などは、ご自身で作成してください。

ダウンロード

市民税・県民税申告書

  • 市民税・県民税申告書については、PDFかExcelブックのいずれか一方をお使いください。Excelブックはシートが「第1表」と「第2表」に分かれています。入力したExcelブックを印刷する際は、2枚とも印刷してください。

添付書類

記入例

農業所得収支内訳書などは下記の農業所得の申告のページからダウンロードしてください。

市県民税申告のしおり

申告書の作成の参考にしてください。

確定申告について

確定申告については、国税庁のホームページをご覧いただくか、最寄りの税務署へお問い合わせください。

なお、インターネットによる確定申告書の作成もできます。
詳しくは下記リンク先の「確定申告書等作成コーナー」をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
財務部 市民税課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
電話:082-420-0910
ファックス:082-422-6810
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。