学校長あいさつ

更新日:2021年04月01日

郷地忠幸校長

磯松中学校のホームページへようこそ。

  令和3年4月より,本校校長に着任しました郷地忠幸です。どうぞよろしくお願いします。

東広島市立磯松中学校は、今年度創立39年目を迎えます。寺家駅の開設など地域の開発も活発で、そのお陰で生徒数も増加している勢いのある学校です。

磯松中学校は、「地域に元気や活力を与える存在」でありたいと考えています。「中学生の明るい挨拶で、地域の方々を元気にする」「磯松中学校の頑張りや活躍を地域の方と一緒に喜び合う」「一部活,一ボランティア」「磯松花咲かせ隊」などの活動で地域に貢献する」など素晴らしい地域の教育力をお借りしながら、地域とともに発展していきたいと考えています。

校内においては、伝統的に「文武両道」の精神を大切にしています。

授業は、ノーチャイムで立腰の姿勢の黙想で落ち着いた雰囲気からスタートします。展開においては、話し合い活動を取り入れて「個人思考」→「全体思考(全体交流)」→「個人思考」の「磯松授業スタイル」で「コミュニケーション能力」を高めることを全教科で意識しながら、それぞれの教科の深みを味わう授業づくりを進めています。

部活動においては、異学年が交流できる貴重な機会ととらえ、全体での目標設定、それに向けての個人の目標設定、計画、実行、振り返りと新たな目標設定というサイクルで日常生活や今後の生き方につながる体験活動にしていきたいと取り組んでいます。

新型コロナ感染予防の状況の中、できることの制限はありますが、みんなで結束して「情熱と工夫」により一歩ずつ前に進んでいきます。

これからも磯松中学校をよろしくお願いします。

令和3年4月1日

東広島市立磯松中学校 校長 郷地 忠幸