介護保険のしくみと加入者

更新日:2016年12月01日

介護保険制度は、東広島市が保険者となって運営します。

 保険者は、被保険者の要介護認定の申請を受け付け、認定をし、被保険者が介護保険サービスを利用した際には、かかった費用の7割、8割または9割を負担します。また保険者は、その費用の見込みをたて、必要な費用の半分を被保険者の方に保険料として負担していただき、残りの半分は国・広島県・東広島市で負担することになります。

 加入するのは、65歳以上の方(第1号被保険者)と、40歳から64歳までの医療保険に加入している方(第2号被保険者)です。第1号被保険者と第2号被保険者では、サービスを受ける条件や保険料の算定や納付方法が異なります。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 介護保険課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0937
ファックス:082-422-6851
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。