全国健康保険協会広島支部と広島県との個人情報の共同利用について

更新日:2020年08月24日

東広島市では、全国健康保険協会広島支部及び広島県と連携して県民のがんを含む病気の早期発見及び早期治療に資するための取組を推進するため、本取組に必要な全国健康保険協会広島支部の保有する個人情報について全国健康保険協会広島支部及び広島県と共同利用しています。

個人情報保護法では、あらかじめ本人の同意なく個人情報を第三者に提供してはならないとされていますが、法第23条第5項第3号において、特定の者との間で共同して利用される個人情報については、個人情報を共同で利用すること、共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的及び当該個人情報の管理責任者の氏名又は名称、について、あらかじめ、本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態においているときは、当該個人データの提供を受けるものは第三者に該当せず、個人情報取扱事業者は、本人の同意を得なくても、個人情報を提供することができるとされています。

全国健康保険協会広島支部と広島県及び東広島市が、県民のがんを含む病気の早期発見及び早期治療に資するための取組において共同利用する個人情報の詳細等は次のとおりです。

1.共同利用する個人情報の項目

全国健康保険協会広島支部の被扶養者のうち40~74歳の方の氏名・フリガナ・生年月日

2.共同利用者の範囲

共同利用者の範囲全国健康保険協会広島支部と広島県及び東広島市

3.共同利用目的

本取組は、東広島市が実施しているがん検診と同時に「特定健康診査」を受診していただくことでがん検診の受診率を向上させ、がんを含む病気の早期発見及び早期治療に資することを目的としています。

4.個人情報の管理についての責任者

全国健康保険協会広島支部     広島県がん対策課      東広島市

5.共同利用を希望されない場合

東広島市 健康増進課までお申し出ください。
電話番号:082-420-0936

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0936
ファックス:082-422‐2416
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
全国健康保険協会,広島支部,広島県,協会けんぽ,共同利用,がん検診,特定健康診査,特定健診