認可地縁団体の総会の開催等について(新型コロナウイルスへの対応)

更新日:2021年01月20日

認可地縁団体(地方自治法の規定により、市長の認可を受けた自治会等)は、規約の定めるところにより、決算終了後一定期間内に定期総会を開催することとされています。
しかし、現在、東広島市を含めて全国的に新型コロナウィルスが拡大している状況にあり、総会の開催について、多くの団体からお問い合わせをいただきましたので、以下のとおり開催の例を提示させていただきます。

 

書面表決や委任状の活用について

多数の方が集まらずに総会を開催する方法としては、書面表決や委任状を活用する方法があります。
なお、これらの方法はあくまで一例ですので、開催時期の感染拡大状況を踏まえて、延期も含めてご判断ください。
また、構成員の方が出席して総会をする場合は、感染拡大防止対策へのご配慮をお願いします。
(事前の資料配布等による会議時間の短縮、発言者の限定、会議室のこまめな換気、手洗い、咳エチケットの徹底など)

ここで示したのはあくまで一例です。各団体の実際の開催状況に応じて、適切に議事録を作成してください。

この記事に関するお問い合わせ先

地域振興部 地域づくり推進課 地域活動支援係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 北館1階
電話:082-420-0924
ファックス:082-423-0270
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。