「令和2年度元気すこやか健診」が始まります!

更新日:2020年05月27日

5月27日に、元気すこやか健診受診券を発送しました。
生活習慣病予防、がんの早期医発見・早期治療につなげるため、年に1回健診を受け、健康づくりにお役立てください(子宮頸がん検診・乳がん検診は2年に1回)。

詳しくは、元気すこやか健診の手引きをご覧ください。

【新型コロナウイルス感染症拡大に伴う重要なお知らせ】

◇新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、健診を中止する場合があります。

◇受診の際は、感染予防対策(咳エチケット、手洗い、検温等)の実施にご協力ください。

◇受診できる医療機関が変更になっています。
〈医療機関健診〉
・元気すこやか健診の手引きに掲載している受診できる医療機関が変更になっています。受診できる医療機関は、今後も変わる可能性がありますので、変更があれば、医療機関一覧を随時更新します。
・受診される前に、必ず医療機関に電話をして、予約をしてください。

〈集団健診〉
・健診当日の混雑を避けるため、受付時間を指定します。指定された時間にお越しください。
・会場ごとに人数制限を設けます。申込みが多い場合は、抽選とします(ご希望に添えない可能性もありますが、ご了承ください。)。

受診券送付対象者

・40歳以上の市民
・20歳以上の偶数年齢の女性

※受診券を送付していない人でも、健診を受診できる場合があります。

受診期間

医療機関健診/6月1日から翌年1月31日まで

集団健診/集団健診の日程・会場をご覧ください。

健診項目・対象者

健診項目・対象者一覧(年齢判定日:令和3年3月31日)

項目 対象者
特定健診

東広島市国民健康保険加入者(40~74歳)
※令和2年4月1日以前から受診日まで継続して加入

基本健診 東広島市国民健康保険年度途中加入者(40~74歳)
令和2年4月2日以降に加入
後期高齢者医療制度加入者

39歳以下の人
※集団健診のみ

医療保険未加入者(40歳以上)
B型C型肝炎ウイルス 40歳以上
※過去に市の健診でこの検査を受けていない人
※過去にB型及びC型肝炎ウイルス検査に相当する検査を受けたことがある人は、この検査は適しません。
肺がん
(喀痰検査)

40歳以上
※50歳以上で、喫煙指数600以上の人は、喀痰検査の対象

胃がん 40歳以上
大腸がん 40歳以上
子宮頸がん 20歳以上 偶数年齢

奇数年齢
※昨年度元気すこやか健診の子宮頸がん検診未受診の人
のみ、集団健診に限り受診可

乳がん 40歳以上 偶数年齢

奇数年齢
※昨年度元気すこやか健診の乳がん検診未受診の人
のみ、集団健診に限り受診可

前立腺がん 50歳以上
節目歯周疾患検診 40歳、50歳、60歳


39歳以下の人(20~30歳代の偶数年齢の女性を除く)には受診券を送付しておりません。集団健診での基本健診と子宮頸がん検診の受診を希望する人は、健康増進課(電話番号:082-420-0936)までお申し込みください(電話及び窓口)。

健診受診方法

集団健診

地域の生涯学習センターや地域センター等で受ける健診です。
受診券に添付の「集団健診申込みハガキ」でお申込みください。

会場毎に人数制限を設けます。申込多数の場合、抽選となります。

(ご希望に添えない可能性もございますが、ご了承ください。)

託児(要予約)

女性専用日のみ、託児があります。

定員:10人
申込み方法:6月1日から電話申込み受付開始(先着順)

医療機関健診

ご希望される医療機関に、直接予約をしてください(窓口・電話等)。

節目歯周疾患検診

ご希望される医療機関に、直接予約をしてください(窓口・電話等)。

健診料金(自己負担金)の減免について

市県民税非課税世帯や生活保護世帯に属する人は、健診料金が無料です(前立腺がん検診を除く。)。
申請方法等は、「健診料金(自己負担金)の減免について」をご確認ください。健診料金無料証明書は、受診の際にご持参ください。

特定健診について

元気すこやか健診に関するよくあるご質問

元気すこやか健診に関するよくある質問
番号 質問 回答
1 受診券が届いていないのですが、どうしてですか。

40歳以上の人及び20歳以上の偶数年齢の女性に受診券をお送りしています。
届かない場合は、健康増進課へ連絡をしてください。

【受診券が届いていなくても受診できる人】
●39歳以下の人:集団健診で基本健診の受診が可能です。
●20~30歳代の奇数年齢の女性:昨年度、子宮頸がん検診を受けていない場合は、集団健診に限り受診可能です。
健康増進課(082-420-0936)に連絡をしてください。

2 社会保険に加入していますが、どうして受診券が送られてきたのですか。 がん検診の受診による早期発見、早期治療につなげることを目的に、対象となる全ての市民の皆さんに受診券をお送りすることとしました。ご理解いただきますようお願いします。
また、節目歯周疾患検診(40・50・60歳対象)もありますので、ご利用ください。
3 社会保険に加入していても、「元気すこやか健診」を受けることができるのですか。 職場や家族健診等で受ける機会がある人は、そちらの健診をご利用ください。職場で受けることのできない健診項目は、受診することができます。
4 協会けんぽに加入していますが、特定健診とがん検診の申込先はどこですか。 ・特定健診は、集団会場で受診する場合、委託機関(東広島記念病院健診センター電話番号:082-423-6662)に電話で申込みをしてください。
・がん検診は、集団健診で受診する場合、健康増進課へ専用のはがきで申込みとなります。医療機関健診の場合、医療機関へ直接電話で申込みをしてください。
5 39歳以下ですが、基本健診を受けることはできるのですか。 集団健診のみ受診できます。受診日、会場をご検討のうえ、健康増進課へ連絡をしてください。
6 無料証明書はどうしたら発行してもらえますか。 今年の1月1日時点で東広島市に住民登録をされていれば、健康増進課、各支所(福富支所を除く。)で発行できます。身分証明書(運転免許証、保険証)又は印鑑を持参してください。
7 電話でも、健診料金が無料の対象になるかどうか教えてもらえますか。 電話ではお答えできません。課税状況を確認するためには、本人の確認と同意が必要です。電話では、確認と同意を得たことにならないため、来所していただき、申請書にて課税状況確認の承諾をいただく必要があります。
8 託児には申込みが必要ですか。 必要です。女性専用日のみ託児を受け付けています(定員10人、要予約、先着順)。
事前に、窓口又は電話でお申し込みください。

 

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 健康支援係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0936
ファックス:082-422‐2416
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。