麻しん風しん予防接種を受けましょう

更新日:2021年05月28日

麻しん・風しん予防接種は2回の接種が必要です

麻しんは感染力が強く、手洗い・マスクのみでは十分な予防ができません。予防接種が最も有効な予防になりますので、接種期間の間に麻しん・風しん予防接種を受けましょう。

ワクチンの効果を高めるためには、2回接種が必要です。小学校就学前の1年間に追加接種を行うことで免疫を高め、長く持続させることができます。

 

1期

対象者 1歳から2歳未満

 

2期

対象者 就学前の年長児(平成27年4月2日から平成28年4月1日生まれ)

接種期間 令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

料金

無料(接種対象期間を過ぎて接種する場合は有料です)

接種方法

市内実施医療機関など詳しくは下記のリンクをクリックしてください。

この記事に関するお問い合わせ先
こども未来部 こども家庭課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0407
ファックス:082-424-1678
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。