北方領土問題

更新日:2022年04月01日

北方領土とは

北方領土は、北海道本島の北東洋上に連なる、歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島、国後(くなしり)島および択捉(えとろふ)島の島々です。これら四島は、第二次世界大戦終了直後にソ連軍によって占拠され、ソ連が崩壊しロシアとなった今でも、その状態が続いています。

北方領土の日

2月7日は「北方領土の日」です。1855年(安政元年)のこの日に、日露通好条約が調印され、日本固有の領土として、国際的にも明確にされました。

毎年この日は、全国的に北方領土問題に対する国民の関心と理解をさらに深めるようとする北方領土返還要求運動が行われています。

本市では、「北方領土返還要求運動広島県民会議」と連携・協力し、広報・啓発活動に努めています。

北方領土返還運動全国強調月間

毎年、8月と2月は「北方領土返還運動全国強調月間」であり、期間中には全国各地で集会、後援会、キャラバン、パネル展などの多彩な行事が開催されています。

私たち一人ひとりの声を結集し、みんなで協力し合って北方領土の早期返還を実現させましょう。

内閣府北方対策本部ホームページ(外部リンク)

この記事に関するお問い合わせ先

生活環境部 市民生活課 市民相談係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 北館1階
電話:082-420-0922
ファックス:082-426-3124
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。