犬を飼い始めたら(犬の登録)

更新日:2021年04月01日

犬の飼い主は、その犬を市区町村へ登録することが、法律で義務づけられています。
(1回行えば、その犬の生涯有効です。)

飼い犬が死んだら、届出が必要です。

犬を飼い始めたら

 犬を飼い始めた日(生後90日を経過していない犬の場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、犬の登録をしなければなりません。

  • 犬の登録ができる場所:市役所環境先進都市推進課、各支所 、東広島市内の動物病院 、集合注射の各会場
  • 手数料:3,000円 

交付された「犬の鑑札」(下図)は、必ず犬の首輪に付けてください。

交付された「犬の鑑札」は、必ず犬の首輪に付けてくださいのイラスト

犬の鑑札をなくしたら(犬の鑑札が壊れたら)

 「犬の鑑札」の再交付を受けてください。

  • 受付窓口:市役所環境先進都市推進課、各支所、東広島市内の動物病院
  • 手数料:1,600円
  • 必要なもの:
    なくしたとき・・・犬の登録番号がわかるもの(狂犬病予防注射のハガキなど
    壊れたとき・・・犬の鑑札 

この記事に関するお問い合わせ先

生活環境部 環境先進都市推進課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0928
ファックス:082-421-5601
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。