新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金事業実績について

更新日:2022年03月03日

令和2年度事業実績について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金は、新型コロナウイルス感染症への地方における様々な対応・取組みを全力で支援するため、地域の実情に応じて、家賃支援を含む事業継続や雇用維持等への対応を後押しするとともに、「新しい生活様式」等への対応を図ることを目的に、内閣府により創設された交付金です。

本市には、令和2年度中に1,855,645千円が交付され、令和3年度へ繰り越された事業分を差し引いた1,722,256千円を以下の事業に充当しました。

地方創生臨時交付金を活用した特定事業者等に対する支援事業について

特定の個人又は事業者等(一定の客観的基準に該当する事業者全てを対象に助成するものではなく、特定の一部の者に限り助成するもの)に対する支援事業のうち、一の個人又は事業者等当たり1,000万円以上を支援するものについては、ホームページ等で公表することとされています。

本市の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した特定事業者等に対する支援事業について次のとおり公表します。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 政策推進監
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
電話:082-420-0917
ファックス:082-420-0402
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。