ワクチンの追加接種をお忘れなく!(日本脳炎、2種混合)

更新日:2021年05月28日

 日本脳炎とジフテリア・破傷風予防接種は、乳幼児期に接種したワクチンの免疫力を長期に保つために、追加接種が必要です。

日本脳炎2期の予防接種

 対象者:市内に住所を有する、9歳以上13歳未満の人

 

日本脳炎は、ワクチンの副反応により接種勧奨を控えていた時期があり、その時期に接種対象だった方は「特例対象者」として、年齢に応じて無料で接種できます。母子健康手帳を確認して、不足回数を接種しましょう。

特例対象者

平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの人は、9歳から13歳未満の間に、1期(3回)の不足分を接種できます。

平成13年4月2日から平成19年4月1日生まれの人は、20歳になるまでの間に、4回のうちの不足分を接種できます。

ジフテリア・破傷風(2種混合)の予防接種

対象者:市内に住所を有する11歳以上13歳未満の人

接種方法

母子健康手帳などで接種履歴を確認し、不足分を市内医療機関で接種してください。
市内実施医療機関など詳しくは下記のリンクをクリックしてください。

この記事に関するお問い合わせ先
こども未来部 こども家庭課 母子保健係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0407
ファックス:082-424-1678
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。