新モビリティサービス実証実験

更新日:2021年12月09日

社会実験の目的

最先端技術を活用し、未来の暮らしを先行実現する「まるごと未来都市」の実現に向け、自動運転による移動社会の実現を目指し、官民で組織したコンソーシアムにおいて実証実験を行っています。

事業実施主体:東広島市Autono-MaaS推進コンソーシアム

本事業は、大学・民間事業者などが参画している「東広島市Autono-MaaS(読み:オートノマース)推進コンソーシアム」により実施されています。
【参画団体】
・広島大学
・株式会社イズミ
・中国ジェイアールバス株式会社
・芸陽バス株式会社
・広島県タクシー協会
・広島トヨペット株式会社
・MONET Technologies株式会社
・株式会社現代文化研究所
・巣守金属工業株式会社
・東京海上日動火災保険株式会社
・May Mobility Japan合同会社
・広島県警察
・中国運輸局
・広島県
・東広島市

事業概要

事業の概要は次のプレスリリースをご確認ください。

自動運転実証実験 ※令和3年11月15日から再開

広島大学構内で自動運転シャトル(HIROMOBI)の運行を行っています。
詳細は広島大学のホームページ及びHIROMOBI公式インスタグラムをご確認ください。

※11月15日から運行再開します。

公道走行について

令和3年11月15日から、広島大学構内から「ゆめタウン学園店」までの公道での走行データを取得するため、自動運転で使う電動車両にてシャトル運行(当面は乗務員による手動運転での運行)します。
この機会に、近未来の乗り物をご体感ください。

【内容】
・期間 :令和3年11月15日~令和4年3月予定(12月24日~1月5日は運休)
・運行時間:平日10:00~16:30(土日祝日運休)※時刻表(PDFファイル:342.6KB)を参照
・料金 :無料
・運行区間:広島大学構内から「ゆめタウン学園店」の区間
・利用方法:停留所(ゆめタウン学園店・広島大学構内)前でお待ちいただき、車両が来たらご乗車ください。

運行ルート

自動運転シャトル運行ルート

時刻表

自動運転シャトル時刻表

使用車両のご紹介

広島大学循環バス

運行概要・事業期間

デマンド(予約)バスを1台運行します。デマンドバスを利用する場合は、専用アプリが必要です。
(1)運賃:無料
(2)実証実験期間:令和2年11月から令和4年3月31日まで(平日(月曜日~金曜日)のみ運行、12/29~1/3運休)
(3)乗車定員:13名

専用アプリが必要です

ご利用いただくには、専用アプリをダウンロードして登録が必要です。

登録には専用のアクセスコード「hirodai」が必要です。

MONETバス予約アプリのアイコン

モビリティ×小売り ※令和3年9月から休止中

※小売りMaaS実証は、現在休止中です。

アプリで商品を購入し、店舗で受け取るサービス(BOPIS)をゆめタウン学園店にて行っています。
※当面は電話にて注文、店頭支払いです。
また、下見地区限定で配送サービスも実施しています。
詳しくは次の資料をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

地域振興部 地域政策課 交通政策係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 北館2階
電話:082-420-0401
ファックス:082-426-3120​​​​​​​

メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。