ごみ減量・資源化マンガ

更新日:2022年09月12日

令和4年9月から、多くの市民の方にごみの減量、資源化に関心をもってもらうことを目的にマンガを連載します。
令和4年度は、月1回のペースで6話を順次連載しますので、ぜひご覧ください。

タイトル

かっくんとハト山がごみの減量・資源化について日々の生活を通して学んでいきます。
皆様も一緒に学んでいきましょう。

登場人物

かっくんアイコン

【かっくん】

カラス丸カズオ(20)
自然環境について学ぶカラス
大学3年生
ハト山とはルームシェア歴1年目
しっかり者で遠距離恋愛中の彼女が他県にいる。

ハトヤマアイコン

【ハト山】

ハト山クルポ(20)
技術職に勤める社会人3年目
出張が多く、よく名産品をお土産に買ってくる。
とある事情によりかっくんとルームシェアしている。
オンオフの切り替え上手なマイペースな鳩

生ごみの減量って最高にCOOL!(9月)

本編1
本編2

ちなみに

燃やせるごみの約50パーセントは生ごみです。その70%~80%が水分と言われています。かっくんの言うように生ごみを絞って水を切るだけで生ごみの10パーセント減量できます。
生ごみの10%とは、東広島市全体でみると一日あたり約7トンの減量になります。これは、ドラム缶35本分に相当します。

おまけ

おまけ2

ただいま、東広島市民の方に1家庭につき1回まで2種類の生ごみ水切りグッズを配布中です。
配布場所は、東広島市役所、各支所・出張所です。
無くなり次第終了ですので、まだもらっていない方は、ぜひ使ってみてください。
詳細は次のページをご覧ください。

マンガイラストの作者について

ちひろアイコン

【紹介文】

モチダちひろ

イラスト・漫画を仕事にしている主婦

東広島市在住の4人家族

SNSでは家族エッセイ漫画を描いています。

 

今回、マンガイラストを描いたのは、東広島市在住のイラストレーターのモチダちひろさんです。
ちひろさんは、本市での育児等の経験からマンガイラストを描き、活躍されています。
東広島市での生活経験やかわいらしいイラストを通して身近で親しみやすいマンガを描いていただきます。

この記事に関するお問い合わせ先

生活環境部 廃棄物対策課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0926
ファックス:082-426-3115
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。